ヨガストーリーヨガインストラクター魅力的なボディラインを持つヨガインストラクターが気をつけてる...

魅力的なボディラインを持つヨガインストラクターが気をつけてる事【7選】

ヨガインストラクターといえば、引き締まった身体をしている人が多いイメージがありますよね。自分の身体が引き締まってくると「もっとヒップアップしたい」「もっとウエストを引き締めたい」と理想も高くなっていきます。

私はヨガインストラクターを数年経験した後、スタジオ運営をマネージメントするスーパーバイザーを経て、人事や採用業務に携わってきました。

これまで100名以上のインストラクターを見てきた中で、ファンが多くいるインストラクターには「魅力的なボディーラインをしている」という特徴がありました。

ヨガインストラクターはレッスン中に身体を動かしていますが、それだけでは理想の身体に近づくのは難しいかもしれません。憧れられる人は、やはり努力をしています。

毎日忙しいのに「これ以上無理!」と思う方もいるかもしれませんが、安心してください。できることから一つずつ始めてみましょう。

人はできること、知識が増えることで、前に進んでいる感覚をつかみ、それが成長実感につながっていきます。

今回は「魅力的なボディーラインをしている」インストラクターの特徴を7つにまとめています。今日から始められる方法もありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

「魅力的なボディーラインをしている」インストラクターの特徴を7つ

1. なりたいボディーイメージを明確に持っている

人は「こんな身体になりたい」とイメージを持ちながら運動をすると、その部位の筋肉が強化しやすいと言われています。

魅力的な身体をしている人でも「もっとこうしたい」という願望は持っています。目標があれば前に進みやすくなり、頑張った分だけ答えてくれるのが身体であり筋肉です。

どんな人でも結果を出すことができるのが身体づくりです。

ぜひ自分のなりたいボディーイメージを明確にすることから始めましょう。

2. 定期的に筋トレをしている

魅力的な身体をしている人は定期的に筋トレをしていました。

人間の身体は、体脂肪を減らして筋肉を増やすと、テストステロンが高まります。テストステロンはホルモンの一つで、男性の体内に多く存在していますが、女性の体内にもあるホルモンです。

このテストステロンは挑戦意欲を高めたり、自信を持たせる働きをします。

筋トレをしてテストステロンを高め、挑戦意欲がアップすると、ますます理想の身体に近づけたいと思うようになり、活動的になります。まさに筋トレには様々な相乗効果があり、いいことだらけです!

また、日本人女性は欧米に比べて筋力が少ないため、体重を落とすだけでは華奢になりがちです。ですので、日本人女性こそスクワットをオススメします。

ここで、スクワットと聞くと「筋肉ムキムキになりそう…」と不安になる方もいるかもしれませんが、有名なAYAさんやボディービルを目指しているような人がやっている筋トレをやらない限り、ムキムキにはなりませんので安心してくださいね。

3. 筋トレ以外の運動もしている

インストラクターになると、レッスンで運動をしているのに「仕事以外の時間も運動をするのはちょっと…」と思う方も多いかもしれません。私もそうでした。

ヨガでも十分に身体が締まりますが、「もっとヒップアップしたい」「ウエストを引き締めたい」など、身体の部位ごとに「もっとこうしたい!」という目標を持っている人こそ、レッスン以外にも運動する必要があります。

また、自分の理想の身体を実現するための運動と、自身のスキルアップのためにも、他のフィットネススタジオのレッスンを受講することをおススメします。

自分以外のレッスンを受けることで、インストラクションの勉強ができたり、身体について詳しくなったりと、よりスキルアップすること間違いなしです。

4. 解剖学や身体のことをよく勉強している

ヨガインストラクターをしていると、お客様から「腰が痛くて…」「整体に行っても肩こりが全然治らない」「もっとお腹を引き締めたい」など、様々な身体に関する相談を受けることが多いですよね。

この時、インストラクターとしては専門知識を理解した上で、的確なアドバイスをしたいものです。

身体に関する情報や研究は日々更新されていて、昔勉強した知識が最新の研究だと真逆の結果になっていることも珍しくありません。だからこそ日々の勉強は、お客様からの信頼も得ることができます。

また、身体のことを詳しく知っていると言うことは、自分の理想の身体に向けて「どこをアプローチかけたら良いか」が分かり、効率的に鍛えることができます。

5. 仕事とプライベート時間の使い方が上手

一生懸命仕事をすると、毎日でヘトヘトになることも多いかと思いますが、魅力的な身体をしている人は、仕事とプライベートの時間を上手に使っていました。

仕事が終わったら、プライベートの時間は好きな運動をしたり、好きな食事をしたりと、日々を楽しんでいます。

疲れてそれどころではない人は、疲れている時こそ運動をしましょう!

「疲れている時に運動?!」と思われるかもしれませんが、実は疲れている時ほど運動をすると、疲れにくい身体を手に入れることができます。

また、運動はメンタルの安定にもつながりますので、「最近メンタルが安定しないな…」と感じている方は、運動を生活に取り入れてみましょう。

余談ですが、人間は疲れている時に良いアイディアが出やすくなります。これは、疲れていると脳の機能が低下するので、余計なことを色々考えなくなるからです。

よく、「シャワーを浴びている時にアイディアが浮かびやすい」という話を聞くかもしれませんが、この原理と同じで、人は「ぼーっと」している時こそアイディアが浮かびます。

「疲れているな~」は「疲れにくい身体をつくる絶好の機会だ!筋トレしよう!」「アイディアが出るチャンス!」とポジティブに捉えてみてくださいね。

6. 肌がきれい

ヨガのインストラクターは「肌がキレイ」というイメージがありますよね。実際に、魅力的な身体をつくっているインストラクターは、肌も髪も綺麗でした。

最新の研究だと、化粧水は使っても使わなくても肌への効果はほとんど無く、いかに保湿をするかが重要だという結果が出ています。

高いスキンケアを使うよりは、十分に保湿をすることを意識してみてください。

また、きれいな肌をしている人は、食事に気を使っている人が多くいました。

ジャンクフードやお菓子を多く食べていると、やはり肌トラブルが多くなります。好きな方は「まったく食べない」というのは難しいかもしれません。たんぱく質、野菜をしっかり摂った上で、ジャンクな食べ物も楽しんでみてくださいね。

7. レッスン以外の時間帯も姿勢が良い

姿勢が変わるだけで、ボディーラインは大きく変化していきます。ヨガを長く続けていても、スマホやレッスン以外の時間帯にパソコンを使用していると、猫背になりがちです。

猫背は背中に脂肪が付きやすくなりますので、背中がどんどん丸くなっていきます。心当たりがある人もいるかもしれません。どんなにウエストやヒップを鍛えても、姿勢が悪くてはせっかくの努力がもったいなくなります。

お腹を引き上げ、胸を開き、常に美しい姿勢を保つのをお忘れなく。

なお、パソコン仕事が多い方は姿勢を保つための「パソコンスタンド」がおススメです。1000円程度で買える商品も多くありますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

できることから始めましょう

いかがでしたか?

今回は「ファンが多いインストラクターの特徴」をまとめてみました。

インストラクターなのに、「もっと運動や筋トレをしましょう!」という情報が多く出てきましたが、メンタル維持が大切な仕事だからこそ、さらに運動や筋トレが必要になります。

筋トレは抗うつ剤を飲むことと同じような効果が実証されているほどです。

今日もあなたのレッスンを楽しみにしているお客様がいるからこそ、より魅力的な自分でいたいですよね。

自分のレッスンにどれくらいのお客様が入っていただけるかは、インストラクターとして重要な指標になります。

魅力的な身体をしているインストラクターはファンが多く、キャンセル待ちのお客様も多くいらっしゃいました!

ですが全員が完璧な身体というわけではありません。
「この人は引き締まったウエストが魅力」「プリッとしたお尻が特徴」「引き締まった足がステキ」など、それぞれの特徴を生かしていました。

完璧なボディーを目指すと道のりが遠く感じますが、今の自分の身体ではどこが魅力的なのかを見つけ、そこを全面に押し出してレッスンをすると良いかと思います。

例えばウエストが締まっている方は、「ウエストが見えるウエアを着用する」足を見せたい時は「ピタッとしたレギンスを履く」などです。

レッスンに参加しているお客様は、「あの先生のようになりたい!」とインストラクターの身体をよく見ています。視覚を利用してファンを増やし、レッスンの動員もアップさせてみましょう!

hanazawa 01 魅力的なボディラインを持つヨガインストラクターが気をつけてる事【7選】
Hanazawa
・2006年 4年生大学 経営政策学部 卒業
・2006年~2012年 大手ファストファッション勤務 (店長歴4年、最大マネージメント人数60名)
・2012年から現在まで、フィットネス・ヨガスタジオ経営の会社にて勤務、20店舗管轄のスーパーバイザーを2年、その後採用業務経験5年。
採用部マネージャーとして、経費予算策定管理、採用マーケティグ、面接他、主な業務全般実施などを担当

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

合わせて読みたい

人気記事ランキング