ヨガストーリーヨガ資格ヨガインストラクターなら持ちたい!おすすめ人気ヨガ資格【28...

ヨガインストラクターなら持ちたい!おすすめ人気ヨガ資格【28選】

世界で注目され、日本でも様々な場所で習うことができるようになったヨガ。

現代のようなストレスフルな社会で、心も身体も整えてくれるヨガは多くの人に求められています。

そんなヨガを教えるヨガインストラクターを目指したいと思ったとき、種類豊富なヨガ資格の中から、一体どんな資格をとったらいいのかと迷う人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ヨガインストラクターを目指すときに知っておきたいヨガ資格を厳選してご紹介します。

ヨガ資格の取得の前に、まずは「ヨガの資格を取って何をしたいのか」「なぜ資格を取得したいのか」を考えることが大切です。

インストラクターになりたい場合でも、どんな場でどんな人に伝えていきたいかで取るべき資格も変わってきます。まずはご自身の目的を明確にしましょう。

全米ヨガアライアンス認定資格

ヨガ資格として、世界的に最も有名なものは「全米ヨガアライアンス」の資格です。アメリカの非営利団体が認定するもので、世界70か国で通用する国際的な資格となります。

ヨガのインストラクターとして活躍したり、ヨガ業界で仕事をしたいという方には、必須な資格とも言えるでしょう。また、インストラクターではなく単純にヨガを深めたい方であったとしても、この全米ヨガアライアンスが出しているRYT200の資格は、ヨガの基礎を盛り込んだものになっていますので、非常に有益な資格です。

基礎資格:RYT200

RYTはRegistered Yoga Teacherの略で、全米ヨガアライアンスによって定められた200時間のカリキュラムを学ぶことで資格取得の権利が得られ、カリキュラム修了後、ヨガアライアンスに登録することで資格保持者となります。

RYSというヨガアライアンスの認定校で、そのカリキュラムを学ぶことが可能です。国内のヨガアライアンスの認定校はたくさんあり、スクール選びが重要となっています。

RYT200は、養成講座をしっかりと受講することで問題なく取得することができるレベルです。期間は短期集中型や1年ほどかけてしっかり行うものなど様々。

そもそも200時間という学習時間をとれるかというところで、ハードルが高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

これまでは主に通学による講座受講という方法でしたが、新型コロナウィルスの影響によりオンラインでの受講も可能になったことから、ややハードルが下がったのではないでしょうか。

費用は概ね30万円~60万円ですが、スクールによって異なりますので、事前に問い合わせて詳細を確認したうえで比較検討することが必要です。

RYT200の養成講座についてはこちらをご覧ください。
オンラインでRYT200のヨガ資格を取得できる講座【14選】
ヨガ資格RYT200は動画のみで取れる!おうちヨガ動画コース

RYT500

RYT200の上位資格としてRYT500という資格もあります。これはRYT200をもつインストラクターがさらに必須カリキュラム155時間と選択カリキュラム145時間の計300時間を学んで取得する資格です。

さらに、登録にはコースの修了後、最低100時間のティーチング経験が必要となり、日本では取得者はそれほど多くありません。

取得までのカリキュラム受講時間も長く難易度も高い上位資格ですが、取得しているとインストラクターの採用試験などでの優遇といったメリットがあります。

また、300時間のカリキュラムのなかにはスクールにもよりますが、シニアヨガやマタニティヨガ・キッズヨガなどのコースも単位として含まれていることもあり、様々なヨガを教えることができるようになります。

費用は60万円~90万円が相場となっています。

全米ヨガアライアンスには、上記の2つ以外にもキッズ向けヨガインストラクター向けの「RCYT」と、マタニティヨガインストラクター向けの「RPYT」があります。RYT200を取得後に追加で資格を取る方が多いです。

RYT200のヨガ資格取得後に取るべき資格とは?
RYT200を取得した後もヨガインストラクターとしての学びは続きます。ヨガと合わせてさらにどんな人に何を教えたいかを考えていく必要があるのです。

例えば、癒しに関することをメインに伝えたいなら、アーユルヴェーダやアロマセラピー、スポーツ関連の人に教えたいなら、運動学やアスリートについて学ぶ必要がありますよね。

また、食事について考える方も多いです。マクロビやスーパーフードについて学ぶことで、いろんなことを伝えられるようにもなりますよね。

あなたは何について、詳しく伝えられるようになりたいですか?または、ヨガの生徒さんにどんなことをよく聞かれますか?

ここからは、ヨガインストラクターとしても成長ができる資格をご紹介します。

食事のことを受講生によく聞かれるなら?

ヨガのレッスンに参加する人は、健康を気にする方も多く、食事について聞かれることありますよね。どうやったらきれいになれるのか?痩せられるのか?そんなアドバイスもできるようになりたいなと考えるなら、食の資格を探してみましょう。

マクロビオティック

マクロビオティックとは、穀物や野菜、海藻などを中心とした日本食をベースにした食事方法です。1汁3菜など、健康に良いバランス食をとる考えをしています。陰陽思想も取り入れ、食生活をよくしていきます。

1.クシマクロビオティックス・コンシェルジュ

クシマクロビオティックス・コンシェルジュ
マクロビオティックで有名な久司道夫氏が主催する資格講座。マクロビオティックの基礎理論を学び、食・美容・医療・癒しなど様々な知識にも活用ができる資格です。真剣に学びたい方におすすめの講座です。

資格費用:10,800円(税込)
期間:2日間(10時間の講義と1時間の検定試験)
申し込み先:クシマクロビオティックス・コンシェルジュ公式サイト

2.マクロビオティックコンサルタント

マクロビオティックコンサルタント
一般社団法人 日本能力教育促進協会(JAFA)の資格講座です。食から健康へとつなげる実践法や陰陽の理論などが学べます。しっかりとしたアドバイスができるようになりたい方におすすめの資格です。

資格費用:33,000円(税込)
期間:1ヶ月程度(Web受講)
申し込み先:マクロビオティックコンサルタント認定校サイト

この他にも、独学で進めている人向けに試験だけを受ける「マクロビオティックマイスター」などもあります。自分にどんな資格が必要かを考えて選ぶと良いでしょう。

アーユルヴェーダ

ヨガとも関係の深いアーユルヴェーダ。姉妹科学とも言われています。ヨガと一緒に学ぶことも推奨されているのです。ヨガをさらに深めたい方におすすめです。

3.ヨガ・アーユルヴェーダ・コース

ヨガ・アーユルヴェーダ・コース
ヨガ・ヴィオラトリコロールの主催するアーユルヴェーダの資格講座です。RYT500の認定クラスにもなります。アーユルヴェーダで長生きするための知恵を身につけ、ヨガの指導に活かしましょう。

資格費用:33,000円
期間:3日間(オンライン)
申し込み先:ヨガ・ヴィオラトリコロール公式サイト

4.アーユルヴェーダライフデザインスクール

アーユルヴェーダライフデザインスクール
日本でアーユルヴェーダを実践してきた、西川眞知子さんの主催する資格講座です。アーユルヴェーダを生活活かす講座や、アーユルヴェーダを基礎にしたヨガインストラクターの講座を開講しています。ヨガにプラスして知識を増やしたい方におすすめの講座です。

資格費用:単発28,600円
期間:月1回1年間
申し込み先:アーユルヴェーダライフデザインスクール公式サイト

スーパーフード

スーパーフードとは、ごまやカカオ、アサイー、チアシードなど、栄養バランスに優れ、栄養価の高い食品のことを言います。

5.スーパーフードマイスター

スーパーフードマイスター
日本スーパーフード協会では、段階的に学び実践しながら資格を取得していきます。初めは、日々の生活に取り入れるようになるために、ジュニアスーパーフードマイスターの取得を目指します。

資格費用:85,800円
期間:2日間
申し込み先:ジュニアスーパーフードマイスター

食育

食事に関する全般を学びたい方におすすめするのが食育の資格です。家族や子供の健康を考えるだけでなく、実践をしながら学ぶことで、いろんなアドバイスをすることができるようになります。

6.食育インストラクター

食育インストラクター
料理人としても有名な服部幸應氏が理事を務める日本食育インストラクター協会が主催する資格です。初心者からプロ向けと段階を踏んで学ぶことができます。安心安全な食材や食生活をもう一度見直すことを伝えていくことができます。ヨガの生徒さんなら関心の高い人が多いでしょう。

資格費用:プライマリー39,900円(通信講座)
期間:6ヶ月
申し込み先:食育インストラクター

薬膳

東洋医学として日本でも馴染みのある薬膳。体調に合わせた食事を取ることで、健康を促進していく考えの元料理について学びます。

7.薬膳ヨガ

薬膳ヨガ
ヨガと薬膳を合わせた資格があります。

薬膳ヨガは、1ヶ月毎のプログラムを基礎・中級・上級と受けてステップアップしていく資格です。

初級は自分の身体をマネジメントしていきます。中級で周りの人をサポートできるようになります。薬膳や中医学の過ごし方を学び、快適に過ごしていきたいですね。

資格費用:初級 39,800円
期間:1ヶ月
申し込み先:薬膳ヨガカレッジ

漢方

漢方は自然由来の生薬を使い、人間が本来もつ自然な治癒力を引き出す効果があります。健康的に過ごすことを重視している方におすすめの資格です。

8.漢方養生指導士

漢方養生指導士
漢方を長年取り扱ってきた薬日本堂の漢方スクールです。漢方の基礎である養生の考え方を学び、病気にならないための生活習慣を身につけていきます。病を予防するその知恵を学んで行くのです。

資格費用:48,800円(※初回のみ入学金11,000円・教材費・税込)
期間:6日間
申し込み先:日本漢方スクール

スポーツ関連の人に教えたいなら?

ヨガを部活動を行っている学生に教えたり、スポーツを本格的に行っている方に教えたりする機会がある方なら、スポーツに関連した知識をもっと学んでいきたいですよね。

アスリートからも注目が集まっているヨガの資格。知識をつけてアスリートのパフォーマンスを上げるサポートをしていきたいですね。

9.アスリートヨガ指導員 初級アスリートヨガ指導員養成講座

アスリートヨガ指導員 初級アスリートヨガ指導員養成講座
一般社団法人 日本アスリートヨガ機構はアスリート界でヨガの普及に取り組んでいる団体です。

ケン・ハラクマ氏が代表を務め、女性アスリートのサポートをしている産婦人科医でヨガインストラクターとして活躍する高尾美穂氏なども参画。メンタルケアからコンディショニングを学んでいきます。

資格費用:110,000円(テキスト他データ教材・受験料・初年度会費・再試料込み)
期間:2日間
申し込み先:一般社団法人 日本アスリートヨガ機構

10.スポーツ栄養プランナー

スポーツ栄養プランナー
アスリートには栄養も大事。競技特性や年代、目的に合わせて食事のアドバイスやメニュープランニングを実践します。アスリートのパフォーマンスが向上するような食事をサポートしたい人におすすめの資格です。

資格費用:38,000円
期間:4ヶ月
申し込み先: Office LAC-U「スポーツ栄養プランナー講座」

マタニティの方に教えたいなら?

妊婦さんへは、出産を控えた大事な時期だからこそ、大切な身体をいたわり、良い時間を過ごして欲しいですよね。ヨガでマタニティの方をサポートしたいというヨガインストラクターも多いでしょう。資格を取得して、安心してレッスンに参加してもらいたいですね。

11.マタニティヨガ指導者養成講座

マタニティヨガ指導者養成講座
産前産後ヨガの指導者育成を専門とする、ブリスべイビーヨガ協会の資格講座がヨガジェネレーションで開催されています。全米ヨガアライアンスのマタニティ資格にもつながる資格です。

資格費用:115,500円(税込)
期間:4日間
申し込み先:ヨガジェネレーション

12.骨盤スリムヨガ

骨盤スリムヨガ
JAHA協会の主催する骨盤をテーマにした資格講座です。骨盤を整えることで、月経を整え、妊活やマタニティ、産後のスリムアップサポートなどを学びます。

資格費用:118,000円(税込)
期間:3〜4日間
申し込み先:日本ハッピーライフ協会

シニア・体の不自由な方に教えたいなら?

ヨガは50歳を超えてからも始める人があとを断ちません。それほど魅力のあるエクササイズなのです。最近は60〜70歳の人も参加されています。できるだけいろんな人が参加できるレッスンを行っていきたい方におすすめの資格をご紹介します。

13.シニアヨガ指導者資格講座

シニアヨガ指導者資格講座
解剖学に詳しい内田かつのり氏が教えるシニアヨガの指導者養成講座です。様々な身体をみてきたベテランの先生だからこそ学べることがあります。施設や地域などで、シニアへのヨガの指導を行いたいなら受けると良いでしょう。介護職や看護師さんも受けにきているそうです。

資格費用:101,200円(税込)
期間:3日間
申し込み先:ヨガジェネレーション

14.椅子ヨガ指導者養成講座

椅子ヨガ指導者養成講座
高齢者や車いすの方でもできるヨガを学びます。長時間座っていることは、身体に負担がかかること。むくみや腰痛などを解消できるよう解剖学に基づいてヨガを学んでいきます。

会社や学校、高齢者施設などでヨガを開催したいと考えている人におすすめです。

資格費用:36,000円
期間:5回
申し込み先:グラビティヨガ協会

キッズに教えたいなら?

キッズヨガは、子供にヨガを楽しんでもらいながら、集中力や感覚を養ってもらうことができます。幼稚園や小学校、学童保育などでも開催されています。瞑想などを取り入れると、ストレス解消にも効果的。子供たちにのびのびと育ってもらうためにもヨガを教えてみたいですよね。

15.キッズヨガインストラクター資格コース

キッズヨガインストラクター資格コース
子供と言っても年齢によって変わるキッズヨガの内容。ヴィオラトリコロールでは、乳幼児期、児童期の2つの時期に分けて学ぶことができます。RYT500の選択科目になっているので、ヨガの上級資格を目指す方にもおすすめです。

資格費用:69,410円(63,100円/税抜)、テキスト代込み
【東京開催料金】73,700円(67,000円/税抜)、テキスト代込み
期間:6日間
申し込み先:ヨガ ヴィオラトリコロール

クラスで瞑想を教えたいなら?

コロナの影響で自宅にいることも多くなり、ストレスを感じている人も多いようです。瞑想のクラスも人気となっています。瞑想には、マインドフルネスやヨガニードラなど様々な手法があります。どんな瞑想クラスを教えたいかを考えていきましょう。

瞑想・メディテーション

瞑想の資格は、様々な機関が行っています。日本インストラクター技術協会などの主催する資格は手軽ですが、RYT500の対象講座となっている資格講座を選ぶこともできます。ヨガと一緒に指導をするなら、ヨガスタジオの主催する瞑想資格を検討してみては行かんがでしょうか?

16.瞑想講師養成講座

瞑想講師養成講座
ヨガでも有名な中島正明先生が瞑想講座を主催しています。もちろんRYT500にもつなげることができる講座です。真剣に瞑想とは何かと向き合ってきた中島先生の瞑想講座は、インストラクターなら受けて欲しい講座と言えます。

資格費用:278,000円(税別)
期間:16日間
申し込み先:masa-yoga

17.瞑想インストラクター養成コース

瞑想インストラクター養成コース
全国にスタジオを展開するヨギー・インスティテュートの瞑想資格講座です。3段階に別れており、瞑想についてしっかりと学ぶことができます。ストレスマネージメントを伝えたいという方におすすめの講座です。

資格費用:260,000円(税込286,000円)
期間:全64時間
申し込み先:ヨギー・インスティテュート

マインドフルネス

瞑想とマインドフルネスの違いは、行う目的が違うということです。脳を休ませることが目的の瞑想に対し、今自分自身に目を向けることを意識するマインドフルネス。ストレス軽減や仕事の効率化なども視野に入れています。

18.マインドフルネス瞑想指導者養成講座

マインドフルネス瞑想指導者養成講座
マインドフルネス瞑想の第一人者とも言われる綿本彰先生の主催する資格講座です。今この時を感じることを通して瞑想を深めていくことができます。瞑想・マインドフルネス・ヨガを学べる素敵な講座です。

資格費用:88,000円
期間:3日間
申し込み先:日本ヨーガ瞑想協会

ヨガニードラ

寝ながらのヨガとも呼ばれているヨガニードラは、深いリラクゼーション効果が望めるとヨガ業界でも話題に。アメリカではストレスケアやPD(パニック障害)などのにも効果があると軍の病院などでも取り入れられています。

10分間のヨガニードラが1時間の睡眠に値するとも言われているのです。ヨガインストラクターにも人気の資格です。

19.ヨガニードラ養成講座

ヨガニードラ養成講座
日本でヨガニードラを初めて教えたサントーシマ香先生の資格講座がヨガジェネレーションで開催されています。感染症対策のためオンラインでも実施。心を穏やかに気持ちをリラックスさせてくれるレッスンを開催しませんか?

資格費用:72,000円(税込)
期間:3日間
申し込み先:ヨガジェネレーション

解剖学の知識を深めたいなら?

解剖学は、身体の仕組みを考え安全にヨガを楽しむためにも必要な知識です。身体は、ひとりひとり違います。そのためにさらに詳しい知識を身につけましょう。

21.3D解剖学

3D解剖学
運動指導者全てに向けて開講されている解剖学の講座です。ピラティスの資格講座を行っているバランスボディ社が主催しています。オンライン講座ですが、スケルトンキットも送ってくれるので、実際に見ながら学ぶことができるでしょう。

資格費用:99,000円
期間:6日間18時間
申し込み先:バランスドボディ

22.AKIC ヨガ解剖学講座

AKIC ヨガ解剖学講座
ヨガのスクールとしても長年人気のあるアンダーザライトヨガスクールの解剖学講座です。解剖学だけでなく、運動を科学する学問である「キネオロジー(運動学)」についても学べます。より実践的な知識となるでしょう。

資格費用:50,000円
期間:2日間
申し込み先:アンダーザライトヨガスクール

ヨガ哲学を極めたいなら?

ヨガの基礎として学ぶヨガ哲学。どんなものかはなんとなく知っていても、しっかりと伝えられると自信がある方も少ないのではないでしょうか?ヨガ・スートラについてより深く学び、実践へと結び付けましょう。

23.4時間で腑に落ちる!超簡単「ヨガ哲学講座」:ヨガ・スートラ

4時間で腑に落ちる!超簡単「ヨガ哲学講座」
オンラインのヨガ哲学講座をヨガジェネレーションで開催されています。資格講座ではありませんが、ヨガの哲学がいまいちよく分からないと思っている方におすすめの講座です。

資格費用:11,000円
期間:4時間
申し込み先:ヨガジェネレーション

ピラティスを教えたいなら?

身体の機能回復のために考えられたピラティス。日本ではフィットネスとしても人気です。日常過ごしているだけでは、弱ってしまう筋力を補い、代謝をあげられると話題のエクササイズです。

ピラティスの資格をとって、ヨガと両立することでよりレッスンの幅が広がります。

24.Stott Pilates(ストットピラティス)

Stott Pilates
世界でも人気のピラティスの資格です。日本でも認定校で資格を取得することができます。姿勢分析や体幹強化など身体に関することをしっかりと学びます。インストラクターとしてスキルアップしたい人におすすめの資格です。

資格費用:223,700円
期間:95時間
申し込み先:スカイピラティス

エアリアルヨガを教えたいなら?

布(シルクのティシュー)を使って行うヨガのスタイルで、空中ヨガなどとも呼ばれます。発祥はニューヨークで、エアリアルヨガを教えるスタジオも都内を中心に増えてきています。新しいヨガのスタイルとして話題です。

25.エアリアルヨガ養成講座

エアリアルヨガ養成講座
千葉、東京で人気のヨガ・ピラティススタジオYardでエアリアルヨガの養成講座が開催されています。計4日間で100ポーズ習得を目指します。アジャストなどもしっかりと学べます。

エアリアルヨガの講師はまだ少ないと言えます。新しい機会となってくれるでしょう。

資格費用:181,500(税込)
期間:20時間
申し込み先:Yoga&Pirates YARD

その他の流派や新しいメソッド

26.アナトミック骨盤ヨガ

アナトミック骨盤ヨガ
鍼灸師でもある内田かつのり先生が考案したアナトミック骨盤ヨガは、骨盤周りを整え、体幹をトレーニングするメソッドです。理論をしっかりと解剖生理学で裏付け。先生の経験と共に様々なことを学べます。

資格費用:115,500円(税込)
期間:4日間
申し込み先:ヨガジェネレーション

27.Born to yog

Born to yog
アーサナをより深く、楽しんでいくヨガのメソッド。インストラクターになったと言えど、ヨガの練習は続きますよね。自分自身でヨガをより深めるためにおすすめなのがBorn to yogです。

もちろん新しい気付きやヨガの考えを学び生徒さんにも今までと違う視点で教えることができます。

資格費用:275,000円(税込)
期間:10日間
申し込み先:Born to yog

28.アサナマンダラ

アサナマンダラ
有名なヨガインストラクター柳本和也先生が考案したアサナマンダラ。独特なフローを通して自分自身の繊細な感覚を呼び起こします。様々なヨガの生徒さんに対応できるようになりたい方におすすめです。

資格費用:308,000円(税込)
期間:15日間
申し込み先:Asana Mandala TT

ヨガを深めて楽しいレッスンを開催しよう

インストラクターになったからといって、学びが終了するわけではありませんよね。むしろ、スタートラインに立ったところです。

もちろん、健康に繋がることならヨガに関係なくても、ヨガと絡めて伝えることができます。自分なりにヨガと合わせて何か新しいことを初めてみるのも面白いかもしれません。

流派は、自分の経験を基にいろいろなヨガが生まれています。自分のオリジナリティを作るためにも、様々な経験を積んでいきたいですね。

Rie ヨガインストラクターなら持ちたい!おすすめ人気ヨガ資格【28選】
YogaStory編集部Rie
YogaStory編集部です。 ヨガインストラクターの資格関連、ヨガポーズ、ヨガを活かしたライフスタイルなど、皆さんのお役に立てる情報を配信していきます! よろしくお願いいたします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

合わせて読みたい

人気記事ランキング

ヨガストーリーライター・監修者一覧表

new me banner ヨガインストラクターなら持ちたい!おすすめ人気ヨガ資格【28選】

ヨガストーリー メディア掲載履歴一覧

ヨガストーリーメディア掲載歴「ヨガジャーナルにご紹介されました」