ヨガストーリーヨガ資格【RYT200特集03】通いVS合宿 ヨガ資格講座をオフライ...

【RYT200特集03】通いVS合宿 ヨガ資格講座をオフラインで取るならどっちがおすすめ?

少しずつRYT200・ヨガティーチャートレーニングの受講について理解を深め、具体的なイメージが湧いてきていらっしゃいますか?

ヨガクラス及びヨガティーチャートレーニングは、長年講師や参加者の方々と同じ空間で同じ時を過ごす、直接的なふれあいのある学びの時間を大切にしてきました。

ですが、新型コロナウィルスの影響により世の中は一変し、オンラインでのヨガクラスやティーチャートレーニングが増加し、オンライン、オフライン(対面式)でのそれぞれのメリット、デメリットをお感じになられている方も多いことと思います。

講師や参加者の皆さんと直接お会いし、同じ空間を共有しながら学びの時間を共にする従来のヨガの方法は、その場でしか感じることができない神聖さや、皆さんの「学びたい!」という強い想いによって起こる集中力やエネルギーを体感できる貴重な機会でもあります。

またコロナ禍により生徒さんに直接触れるアジャストは避けなければならないのが現状ですが、通常時は生徒さんに触れることで理解が深まることも多く、そうした指導法を学べる機会は対面式のトレーニングでしか実践的に学ぶことができません。

今回は従来の学びの方法、オフライン・対面式でのヨガティーチャートレーニングについて深堀りしていきましょう!

通学?合宿?あなたはどっち?

オフライン・対面式での受講の場合、通学形式と合宿形式のヨガティーチャートレーニングがあります。

もしあなたがどちらが良いか悩まれていらっしゃれば、以下の質問に答えてみてください。

どちらかというと当てはまる方の数字(①か②)を選び、どちらが多いかお答えください。

質問1.
①現在、仕事をしている。
②現在、仕事や学業などが無く、スケジュールに余裕がある。または比較的スケジュール調整がしやすい。

質問2.
①お休みは週に1~2日程度だ。
②お休みは自由に取れる。または比較的スケジュール調整がしやすい。

質問3.
①どちらかというと、ヨガはある程度の時間をかけて学ぶものだと思っている。
②どちらかというと、ヨガは環境を変えてでも集中的に学ぶことが大切だと思っている。

質問4.
①環境や生活に変化があると動揺しやすいほうだ。
②環境や生活に変化があっても比較的対応しやすいほうだ。

質問5.
①1日~1週間のうちで一人になれる時間が必要なほうだ。
②多くの人と常に交流することが苦にならないほうだ。

質問6.
①食べ物の好き嫌いがある。または食に自分なりの強いこだわりを持っている。
②食べ物の好き嫌いがない。

質問7.
①どちらかというと、コツコツと長期的な努力をすることが得意なほうだ。
②どちらかというと、短い期間で集中して学んだり習得するほうが得意だ。

質問8.
①ヨガティーチャートレーニングにかける費用はできるだけ安く済ませたい。
②ヨガティーチャートレーニングにかける費用にはある程度余裕がある。

以上です。

あなたは①か②、どちらが多かったでしょうか?

①が多かった方におすすめ!通学タイプのメリットとは?

20201104 184835 【RYT200特集03】通いVS合宿 ヨガ資格講座をオフラインで取るならどっちがおすすめ?
1ヶ月程度のまとまったお休みが取れない方や、先程の質問で①が多かった方は通学形式のティーチャートレーニングがおすすめです。

通学形式は主に、週末開催と平日開催(後ほどご説明しますが1ヶ月程度の集中トレーニングも)があります。

ヨガティーチャートレーニングの期間中は、体力的にももちろん、多くの新しいことを学ぶため、精神的な負担も大きくなりがちです。そのため、ご自分の生活スタイルに合わせてできるだけ無理なく通えるような方法を選択することが大切です。

特に平日5日間は仕事、週末2日を利用してトレーニングに参加したいとお考えの方などは、ご自分の心と身体をしっかりと休ませる日を確保することも、貴重なヨガの学びを集中力を持ってより良い形で吸収することに大切な要素であることをぜひ忘れずに選択していただければと思います。

それでは、ここからは通学形式のメリットを見ていきましょう。

通学形式(週末・平日開催)の場合のメリット

ほぼ全てのヨガスクールが取り入れているのが、この通学形式です。各スクール多少の違いはありますが、土日、もしくは平日の1日~2日間を利用して3ヶ月~半年程度で200時間のトレーニングを修了するタイプです。

トレーニングは朝~夕方までびっしりとカリキュラムが組まれていますが、トレーニング以外の日は日常生活に戻り、復習をしたり(宿題が出ることもあります)、ご自分の中で学んだことを実感し、じっくりと落とし込むことができる時間があることがメリットと言えます。

次々と新しいことを学ぶティーチャートレーニングでは、理解ができないまま内容が進んでいってしまうことで、その後の学びにも影響が出てしまうため、じっくりと体感しながら学びを深めていきたい方におすすめです。

また、3ヶ月~半年ほど講師や参加者の方々と関わるため、こうしたつながりがトレーニング修了後、ご自分がヨガクラスを受け持った際に湧き起こる疑問や悩みを相談する仲間づくりにも役立ちます。

②が多かった方におすすめ!通学・集中トレーニングと合宿 タイプのメリットとは?

次に比較的自由に長期的なお休みが取れるという方や、先程の質問で②が多かった方におすすめの通学形式での集中トレーニングと、合宿形式をご紹介します。

通学形式・集中トレーニングの場合のメリット

各スクールによって多少の違いはありますが、1ヶ月程度、短期集中的に通って学ぶトレーニングのタイプです。こちらは比較的休みが集中的に取れるという方向きではありますが、短期でヨガ資格を取得できるというメリットがあります。

地方などにお住まいで都心部でのトレーニングに参加したいという方(宿泊料金が別途かかりますが)や、既にアーサナ(ポーズ)の修練を積んでいる方、ヨガインストラクターとして活動している方でRYT200を取得したいという方や、もう一度学び直したい方などにもおすすめです。(代表的なヨガスクール例:yogaworks、FIRSTSHIPなど)

合宿形式の場合のメリット 

アジャスト 1 【RYT200特集03】通いVS合宿 ヨガ資格講座をオフラインで取るならどっちがおすすめ?
2週間~1ヶ月程度、講師や参加者の方々と宿泊を共にしながら短期的、集中的に学んでいくタイプです。

こちらもまとまったお休みが取れ、早く資格取得を目指したい方や、宿泊料金や開催場所によっては航空運賃などの費用が加算されるため金銭的に余裕がある方におすすめです。

1ヶ月程度学びと生活の場を共に過ごすことで、講師や参加者の皆さんとより親密になったり、普段の生活と違う環境に身を置くことで、気分転換や新たな気持ちでヨガだけに集中することができるというのがメリットと言えるでしょう。

また、スクールによってはヨガ的な食事(アーユルヴェーダの観点を取り入れたものや菜食スタイルなど)を提供する場合もあり、食生活やライフスタイルの見直しができるため、ティーチャートレーニング期間中に身体的・精神的な変化を感じやすいとも言えます。

(代表的なヨガスクール例:日本ヨーガ瞑想協会(一年ごとの合宿形式・日本にて開催)、YMCメディカルトレーナーズスクール(ハワイ、バリ開催)など)

貴重なヨガティーチャートレーニングでの学びの期間を大切にしよう!

ここまで、オフライン・対面式での通学、合宿形式のヨガティーチャートレーニングについてご紹介してきました。

「ヨガは結果ではなくプロセス」を大切にしています。ヨガインストラクターを志す方、あるいはご自分のさらなる学びのためにトレーニングを受講したいという方も、ヨガの学びはずっと続いていきます。

結果(資格取得)を急ぎすぎて貴重な200時間という時間を無駄にすることがないよう、ご自分の生活スタイル、気質や体力、金銭的な面や、深く学びたいこと、学びたい講師などを考慮して、ぜひご自分に合ったヨガティーチャートレーニングを見つけてくださいね!

あなたがより良い学びを積むことができますように…心から願っています!

mari profile 1 【RYT200特集03】通いVS合宿 ヨガ資格講座をオフラインで取るならどっちがおすすめ?
YogaStory代表 横幕 真理
・株式会社MAJOLI代表取締役
・一般社団法人国際ヨガアカデミー協会 代表理事
・ヨガ資格RYT200養成講座スクール運営

インドでヨガに出逢い、人生が大きく変わる経験をする。インド、オーストラリア、バリ島の3ヶ国でヨガ留学を経験し、ヨガを深めていく。その経験から、「ヨガで世界をハッピーに」というヴィジョンの元、株式会社MAJOLIを立ち上げる。

英語と日本語のバイリンガルで、多国籍のヨガ初心者へ指導の指導や、ヨガ留学、バイリンガルヨガインストラクターの育成など、ヨガを通じて、人生を変えたい人のきっかけづくりを支援。

今後は、日本を中心にヨガインストラクターの養成、セブ島初のヨガ留学の主催、バイリンガルヨガインストラクターの育成など、ヨガで世界をハッピーにしていく活動を展開していく。

《資格》
・RYT500
・E-RYT200
・YACEP
・インド政府公認ヨガインストラクター
・アーユルヴェーダマイスター
・Nirvanaインストラクター
・BIOスチームセラピスト
・ラジヨガ体操講師
・腸セラピー
・アロマテラピー
・ヨガ数秘学

《実績》
・クラス数 約1000本以上
・多国籍のヨガ初心者に英語と日本語でのクラス
・アライアンス認定校設立
・RYT200養成講座講師
・海外スポーツジム勤務経験 ・セブ島最大ヨガイベント出演(100人以上) ・ヨガイベント主催(海外、日本)
・女優水崎綾女さんやフリーアナウンサー花崎阿弓さん、モデルさんへの指導経験
・セブヨガ留学主催
・バイリンガルヨガインストラクター養成

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

合わせて読みたい

人気記事ランキング

ヨガストーリーライター・監修者一覧表

new me banner 【RYT200特集03】通いVS合宿 ヨガ資格講座をオフラインで取るならどっちがおすすめ?

ヨガストーリー メディア掲載履歴一覧

ヨガストーリーメディア掲載歴「ヨガジャーナルにご紹介されました」