TOPダイエット私のリベルサス3mg、7mg使...

私のリベルサス3mg、7mg使用体験談「40年間何をやっても痩せなかった私が10kg以上のダイエットに成功」

アラフォー二児の母(医療従事者)です。
もともと細い方ではありませんでしたが、2度の出産を経て、気が付けば体重が10㎏ほど増えていました。

「華奢」という言葉に憧れて40年。成人式を間近に控えても、大好きな人とのデートの約束があっても、それでも食欲に勝つことができず、憧れの華奢な体型を手に入れることができないまま、おばあちゃんになっていくのかなと自分のダメさにあきれていました。

リベルサス7mg&スーグラ50mg

そんな時、GLP-1ダイエットをSNSで見かけるようになり、リベルサスの自然に食欲が落ちるというのが気になりチャレンジすることに決めました。

どのように始めたのか

SNSで薬の価格を比較していきました。インターネットで検索すれば、薬の単価が安いクリニックのランキングに簡単にたどり着くことが出来ます。

私は田舎在住なのと、仕事と育児に忙しく通院の時間がとれないので薬の購入はオンラインクリニック一択でしたが、もしも可能であれば対面でのクリニックがよいかもしれません。

理由は、価格ももちろん大切だと思いますが、リベルサスはあくまで糖尿病治療薬なので、副作用が出る可能性もあります。そんな時にいつでも診察してくれる、相談にのってくれるクリニックがよいと思うからです。

私が選んだクリニックはオンラインですが、心配や相談をいつでもLINEで気軽に送ることが出来るということで選びました。

初回のオンライン診察(音声通話)で薬の量と内容を直接通話で決めて、その後は月に1回薬を郵送してもらうというシステムでした。

何も考えていなかったのですが、薬は宅急便コンパクトで届き、定期配送の差出人を個人名義で配送してくれるので、家族に内緒でリベルサス内服を考えている方もばれずに受け取ることが出来ます。

月に1度届く際、夕方子どもと入浴している時に夫が受け取ってくれるのですが「夫は、またメルカリで何か頼んだんだな」くらいに思っていると思います。そこまで細やかな対応をしてくれるかどうかも決め手になると思います。

使用して感じたメリット

4ヶ月で11kgの減量に成功した

40年間何をやっても食欲に勝てなかった私が、努力もせずに11kgもの減量に成功しました。今までも2-3g痩せたことはありましたが苦労のわりに誰にも気が付かれず続きませんでした。10kg痩せるとさすがにいろいろな人から「痩せたね」と気が付いてもらえてうれ  しかったです。

努力不要だった

食欲が自然に落ちます。今まで夕飯におなかいっぱいの白米を食べて、それでも必ず食後のデザートが欠かせなかったのですが、夕飯の量が激減して、デザートも欲しくなくなりました。夕飯の量が激減したことに夫がとても驚いていました。

食べることが大好きで、おなかがすいているから食べるというわけではなく「おなかがいっぱいでも食べたい」が多かった私がここまで食欲が落ちるというのはありがたかったです。

一般的にダイエットじゃなくても「腹八分目がよい」などと言われていますが、私の場合は腹八分目どころか、十分目でも食べたいから食べるということも多くそんな日々の習慣から痩せることが難しかったので、単純に「おなかがすかない」というだけでは私のダイエットはうまくいかなかったと思います。

個人差もあるとは思いますが、食欲が落ちると言っても「食べられなくなる」というよりは、「食べなくても平気になる」という方が近かったです。

完璧にやらなくても体重が落ちた

4ヶ月の間に知人の結婚式があったり家族の誕生日があったりしましたが、その時には豪華なディナーやケーキも食べていました。それでも日頃の食事さえ腹八分目でおさまっていれば時々食べる高カロリーの食事はダイエットには大きく影響はしなかったです。

使用して感じたデメリット

高額

私はリベルサスとスーグラを併用しています。インターネットではリベルサスの一番小さい3mgの価格が掲載されているところが多く、「安いなぁ♪」と一瞬勘違いしてしまうのですが、ずっと3mgで大幅な減量に成功できる人はまれなようです。

実際は3mgではすぐに体が慣れてしまい、増量が必要になります。

私は開始から3週間3mgで継続、その後は7mgに変更するのを医師におすすめされ、それに従いました。さらに、食べたカロリーをカットできるスーグラというお薬を併用したため、毎月3万円ほどの金額となっています。

スーグラ50mg

体が慣れる

7mgでは4ヶ月ほど経過した頃から食欲が普通に戻ってきています。医師からは14mgに増やすことをおすすめされていますが、これ以上の金額を支払う余裕もなく今迷っているところです。せっかくお金をかけて10kg以上の減量に成功したのでリバウンドは避けたいので迷っています。

医師に相談したところ、リベルサスを増量、もしくは金銭的に増やすのが厳しければ、スーグラをやめてリベルサスを14mgまで増やすという案を提案されてるので試してみようと思っています。

便秘

リベルサスの副作用に便秘があります。これは薬局で酸化マグネシウムの便秘薬が安価で手に入るので、こちらを一緒に内服することで解消されるため、それほど大きなデメリットではなかったです。

使用にあたって感じた注意点

副作用などいつでもきちんと対応してくれる医師から処方してもらう

リベルサスは糖尿病治療薬なので副作用の心配があります。

私は医療従事者で、もともとある程度の知識を持っていたのですが、副作用やもしも起きた時の対処法はきちんと把握してから始めた方がよいと思いました。

副作用には、上記に書いたように便秘のようなきちんと対処すればそれほど問題にならないものから、きちんと知識をもって対処しなければ命にかかわる低血糖、急性膵炎、胆のう炎や胆管炎といった物があります。

例えば低血糖になると、はじめは冷汗が出たり吐き気が出たりしますが、さらに下がると意識がなくなったり、さらに下がると命にもかかわります。

① 副作用に低血糖があること、低血糖の時に出る自覚症状(冷汗、空腹感、吐き気など)を把握しておくこと
② その時の対処法をきちんと確認しておくこと(ブドウ糖を多く含む清涼飲料水を飲むなど)
③ 低血糖が起きた後にきちんと医師に相談出来るクリニックを選ぶこと

これらのことが大切だと思います。
少しでも不安に感じる症状があった時に気軽に相談出来るクリニックを選ぶことが重要だと思います。

クリニックに少しでも不安を感じたら変更を考える

これは私が医療従事者で、ある程度内部事情を知っているから言えることかもしれませんが、医師の対応に少しでも違和感や不安を感じたらクリニックを変更することをおすすめします。

医師というだけで聖人君子ではありません。医師も人です。
医師や警察官、教師が逮捕されるニュースを見ることもそれほど稀ではない世の中なのに、やっぱりなぜか医師、というだけで完璧だと誤解される場面があるかと思います。

命にもかかわることなので、副作用や薬の内容などを相談しても、きちんと相談にのってくれないなど違和感があれば、すぐに変更した方がよいと思います。

こんな方におすすめ

リベルサスで、食べることが大好きで40年間何をやっても痩せなかった私が10kg以上のダイエットに成功しました。

上記のように副作用のリスクを把握し、受け入れることができるのであれば、「ダイエットはもうあきらめている」という方にぜひ試していただきたいです。

ゲストライター
ゲストライター
ヨガ・ピラティスの講師、ダイエット経験者など、さまざまな方々からのゲスト投稿および口コミ体験談です。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

合わせて読みたい

人気記事ランキング