ヨガストーリーヨガポーズ / 効果【パワーヨガとは】心と体を鍛えるパワーヨガの3つのメリットと...

【パワーヨガとは】心と体を鍛えるパワーヨガの3つのメリットと効果

90年代にアメリカでブームとなった「パワーヨガ」。海外のセレブたちが新しいエクササイズとしてヨガを楽しんでいると当時は話題になりましたよね。

その後、日本でも健康と美容のブームにのって「パワーヨガ」が流行りました。汗を掻いて運動不足の解消やダイエットにもなると人気となります。

今回は、現代のヨガとも言われるアクティブな「パワーヨガ」をご紹介します。

パワーヨガはアメリカで生まれた!現代風にアレンジ

「パワーヨガ」はその名の通り、アクティブでダイナミックなヨガ。アメリカで現代人のライフスタイルや目的に合わせてアレンジされたのが始まりです。90年代の世界的なヨガブームで一躍有名になりました。

それでは、「パワーヨガ」歴史や特徴を詳しくみていきましょう。

パワーヨガの歴史

「現代のヨガ」とも言える「パワーヨガ」はアメリカで発祥しました。アシュタンガヨガをベースに、現代のライフスタイルや目的に合わせたヨガが開発されました。

第一人者はバロン・バプティストやブライアン・ケストとされています。運動量が多く比較的エクササイズの効果を実感しやすいと、アメリカのセレブたちが夢中になりました。90年代の世界的なヨガブームを巻き起こした現代のヨガとも言えるでしょう。

パワーヨガの特徴

「パワーヨガ」は運動量の多いヨガとして有名です。アシュタンガヨガをベースにした、ダイナミックなポーズや動きを呼吸と連動して動かすことで、その運動量を生み出しています。

また、アイアンガーヨガの要素も取り入れられ「静」の瞑想やアーサナをしっかりと考えることにも注視。体を鍛えることと集中力をアップすることを目的としています。

レッスンはシークエンス(流れ)が決まっているアシュタンガヨガとは違い、インストラクターのリードに任されています。ポーズと太陽礼拝が組み合わされ流れるように、レッスンが行われます。

パワーヨガはエクササイズとしても人気

「パワーヨガ」は、短期間で身体を引き締める効果があると人気に。体全体を使って動き、呼吸を繰り返すレッスンがその効果を上げています。

「体を鍛えたい」「集中力をアップしたい」現代人に合わせたエクササイズとして世界的に広がり、ダイエットや美容、健康を考えている日本でも話題となります。

パワーヨガの効果|心と体を鍛える3つのメリット

代表、MARIさん
現代のヨガとして魅力がたくさんの「パワーヨガ」。心と身体を鍛えてくれる効果について詳しくみていきましょう。

1.ダイエット効果|ダイナミックな動きは脂肪を燃焼する

パワーヨガの運動量は多く、連続して動くそのダイナミックな動きは、身体の隅々まで使い動かします。筋肉トレーニングにもなるほどの全身運動は柔軟性をUPし、筋力のバランスを整えてくれます。

そして、しっかりとした呼吸を繰り返すことで、有酸素運動となり脂肪を燃焼する効果が得られます。

普段あまり使ったことのない筋肉もあるでしょう。身体全体にアプローチができるので、継続的にレッスンをすると基礎代謝が上がり、ダイエットの効果も得やすくなると言われています。

2.ストレス解消|心身の強化でポジティブマインドへ!

レッスンのピークに向かって、身体が温まり始める頃からだんだんとダイナミックな動きが入り続いていきます。深い呼吸と集中力があるからこそレッスンを楽しめるのです。

「パワーヨガ」は、普段の悩みを忘れ身体への集中をも深めてくれます。レッスン後の爽快感と達成感はアクティブなヨガだからこそ得られるものです。

レッスンの最後に取り入れられる瞑想は、自身の心を見つめ感じ、自分の中のスペースを感じることができます。瞑想はストレスと不安を解消してくれる効果が期待できます。

内臓機能を向上|ウジャイ呼吸は体を芯から温める

「パワーヨガ」の呼吸法は、喉を軽く締め音を出しながら鼻からの呼吸を行う「ウジャイ呼吸法」です。深い呼吸を繰り返すことは、呼吸筋である横隔膜が上下し、内臓機能へと刺激を与えてくれます。

身体の奥の筋肉である呼吸筋を動かすことは、身体を芯から温めます。普段から運動も少なく冷え切っている身体を感じている人ほど体の温まりを感じ、内臓機能の活性化を感じることができるでしょう。

パワーヨガをやってみよう!おすすめする理由

koto grapher71 【パワーヨガとは】心と体を鍛えるパワーヨガの3つのメリットと効果
日頃から運動が好きな人はもちろん、運動不足を感じている方にもおすすめの「パワーヨガ」。運動量が多いヨガは、初めてでも大丈夫かな?と不安に思う方もいらっしゃると思います。

レッスンには中〜上級者向けのレッスンと初心者向けのレッスンと分かれていることがほとんどです。呼吸法やヨガの動きに慣れていない場合は、初心者でも参加できるレッスンに参加することをおすすめします。

パワーヨガの目的
汗を掻きシェイプアップしたい
運動不足を解消する
筋力アップ
ストレス解消したい
集中力をアップする

パワーヨガは、身体を動かして集中したい人やストレス解消したい人におすすめです。瞑想や静かなヨガを好んでいる方には向かないこともあるので気を付けましょう。ダイエット効果を期待する方は、週に2回程度はヨガに参加すると効果を感じやすくなります。

動きにも慣れてくるとだんだんと楽しくなり夢中になることも。無理し過ぎないように気を付けて、挑戦してみてはいかがでしょうか?

パワーヨガの基本|アーサナ(ポーズ)のポイント

パワーヨガの基本は、ウジャイ呼吸法太陽礼拝、流れるような呼吸に合わせた動きです。

パワーヨガのレッスンでは、初めから最後まで動きっぱなしのこともあります。もちろんインストラクターが様子を見ていますので無理には進めませんが、上級のクラスになるほど連続したレッスンとなっていくでしょう。

アーサナ(ポーズ)のポイント

パワーヨガでは、筋肉の伸びや足の裏の重心の取り方を中心に立ちポーズの姿勢に気をつけると共に、1呼吸1動作に集中していきます。

太陽礼拝で身体を温め、徐々にダイナミックなアーサナへとアプローチします。身体の温まりと筋肉がしなやかに動くのを感じられるレッスンは楽しめること間違いありません。

アーサナ1つ1つを大事にして、丁寧に進めていくことで効果はさらに上がるでしょう。

パワーヨガとよく似たヨガとは?

様々な流派が発展してきているヨガには、もちろん似ている面を持ったヨガも存在します。パワーヨガは動くヨガとして代表的なアシュタンガヨガを元に考えられています。

ヴィンヤサヨガ、パワーフローなど1呼吸1動作で動くヨガは他にもいくつかあるのです。

パワーヨガは、筋肉を鍛える面でピラティスと比べられることもあるようです。

しかしピラティスは、リハビリ運動のために考えられたもの。コアを鍛えることや運動機能改善を目的としたエクササイズとして発展してきました。

運動不足を解消して、身体を鍛え集中力をアップしたいなら「パワーヨガ」がおすすめです。

インストラクターが学ぶメリット|パワーヨガで鍛えよう

ヨガのインストラクターになってからも、パワーヨガを学ぶことはおすすめです。パワー系のヨガを学び実践することで持久力がつき、コアの筋力がアップします。

コアの筋力は教えながら身体を動かしているインストラクターにとって、重要な筋力です。レッスン中は、声をしっかりと出しながら、生徒さんに集中していますよね。自分の身体への集中はどうしても失われがち。

コアがしっかりとしていれば、自分の身体を守りながらレッスンができるでしょう。

また、ヨガを続けていく上では、自分の体の限度や可能性を知ることは重要なことです。インストラクターとしてもヨガを上達させていく上で現在の自分の身体と向き合うことは大切です。自身の体への気付きは、生徒さんへのアドバイスともなるでしょう。

パワーヨガを体験してみよう

IMG 0023 【パワーヨガとは】心と体を鍛えるパワーヨガの3つのメリットと効果
テレワークやリモートワークで家に籠ることが多くなってきている方も多いのではないでしょうか?

「パワーヨガ」なら身体をしっかりと動かすことに集中できます。終わった後の爽快感は本当に気持ちが良いです。シェイプアップを目的にするのであれば、週に2回〜3回の挑戦をすると効果が出やすく、達成感も感じやすくなるでしょう。

「パワーヨガ」は、常温でも汗をかくレッスンです。あなたもぜひ近くのレッスンを探してみてくださいね。

体を動かすヨガの種類はたくさんあります。是非自分に合ったヨガを探してみてください。
ホットヨガインストラクターが教える、ホットヨガの3つのメリット・デメリット
アシュタンガヨガ【徹底解説】インストラクターにもおすすめする3つの理由
【解説】ヴィンヤサヨガとは?特徴や4つの効果「動くヨガ」の魅力を紹介します!

blank
YogaStory代表 横幕 真理
ヨガを通じて、現代を生きる女性の キャリアアップや生き方を提唱するメディア創りがしたい。

そんな想いでYoga Storyを運営しています! “ヨガで世界をハッピーに” それがわたしの夢♥
blank

今すぐ、憧れのヨガ資格をゲットしたい方へ

おうちヨガ動画コースならなら、スキマ時間に学習してRYT200の資格が取れます!
最短1ヶ月で取得可能で、卒業後の進路も相談にのってくれるので、すぐにインストラクターになることも。「自分らしい人生を歩みたい!」と思っている方はぜひチェックしてみてください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

合わせて読みたい

人気記事ランキング

ヨガストーリーライター・監修者一覧表

blank

ヨガストーリー メディア掲載履歴一覧

ヨガストーリーメディア掲載歴「ヨガジャーナルにご紹介されました」