ヨガストーリーインタビューケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」イ...

ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
みなさんナマステ!
Yoga Story編集長Mariです。

今回は、日本のアシュタンガヨガの第一人者、ケンハラクマ先生のインタビュー後半です。

前半では、ケン先生のヨガとの出逢いや、ヨガスタジオを開設されたいきさつ、アシュタンガヨガを日本に広めることになった経緯、現在運営されている講座について、など、本当に幅広いお話をして頂きました。

後半となる今回は、より深いお話をたくさん伺いました。一つのヨガ哲学の講義して頂いたような、そんな濃いお話をお届けさせて頂きます。

途中、かなり難解な言葉や表現もあり、ヨガ哲学を学んでいない方からすると、一読して頂いてすぐに理解するのは難しいかもしれません。

ぜひ、これからヨガを学ぶ方や、今現在ヨガを学んでいる方は、繰り返し読んで頂き、少しずつ理解を深めて頂けたらと思います。

1、アシュタンガヨガの第一人者、ケンハラクマ先生とは?

プロフィール

ケン先生
ケン ハラクマ先生

IYCインターナショナルヨガセンター
アシュタンガヨガジャパン(Ashtanga Yoga Japan)
日本アシュタンガヨガ研究所(Japan Ashtanga Yoga Research Institute)
を主宰。

アシュタンガヨガの創始者 シュリ・K・パタビジョイス氏より、
日本人初のアシュタンガヨガ正式指導資格者として直接認定を受ける。

日本中にヨガを広め、現在では日本を代表するヨガの第一人者として
アシュタンガヨガを中心に国内外にて幅広いヨガの指導とワークショップを行うほか
合宿・指導者養成や、メディア・教育・各種企業へのヨガコンサルティングなど
健全なヨガの普及活動に努め、常に日本のヨガ界を牽引し続けている。

2、“ありのままのわたし”でいられる秘訣

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
それでは、ケン先生、インタビュー後半もよろしくお願いいたします。後半はかなり踏み込んだお話になるかと思いますが、早速質問をさせて頂きます。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
わたしは、コロナ禍になる以前ずっと海外に住んでいました。若いころから日本を飛び出して海外に行くようになったのは「日本にいるときに感じる息苦しさや心の乱れ」があって、もっと自由に生きたい、そんな想いからでした。

もちろん、今はわたし自身、どこにいても“変わらない自分”でいられるようになったと感じていますが、世界中回られたケン先生が思うどこにいても“いつでもありのままのわたし”でいられる秘訣があれば教えてください。

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
自分のアイデンティティーを捨てる。ということですね。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
アイデンティティーを捨てる。具体的には、どのようなことでしょうか?

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
たとえば、「私は誰?」と聞かれたときに、「私は誰でもない」という答えが言えるかどうか。無意識的に「これが良くて、これが悪い」という判断基準が自分の中に強くあると、それは必ず壁にぶつかる。

だから、「海外は」「日本は」と分けて考えてはいけない。宇宙的に全体を観て考えれば、どこも一緒みたいな。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
当時のわたしはまさに、「今の自分から変わりたい」「ここではない、どこかへ行きたい」そんなことばかり考えていました。それは振り返ると“自分のアイデンティティーを捨てる”ことが全くできていなかったという事だと、今ならわかります。

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
それは「これが私」と決めつけちゃっているだけの話で、本当は何にでもなれるわけじゃないですか。
だから、「日本は居心地が悪いと思っている私」から、「日本で心地良く生きられる私」にも変えられるし。

ケンハラクマインタビュー1

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
「今のわたしはこう」「今の場所はこう」と決めているところがあるんだけれども、それは自分の中に別の「わたし」「場所」をつくっちゃえばいいわけで。こうだと決めている自分がいると、しんどくなっちゃう。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
わたしもかつて「環境を変えれば自分は変われるはず」そう思って、環境ばかりを変えて生きてきて、それでも変われない自分がいて。それで気が付いたんです。結局ただ環境を変えても意味はないって。

だから、「今までのわたし」に固執するのをやめて、本当は誰もが自分の中に持っている「新しいわたし」と向き合おう。何年もずっと苦しんでいましたけど、そういう境地に辿り着けたのは、つい最近だと思います。

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
「あなたは誰?」と訊かれたときに、「私は誰でもない」と答えられる自分になる。そういう感じね。ちょっと楽になると思う。

3、“できる”を探す=サントーシャ(ヨガの八支則より)

ケンハラクマインタビュー58
ケン先生の素敵なスタジオで、インタビューさせて頂いています

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
数年前、専業主婦になって自分の役割に苦しんだ時期がわたしもあって、受講生の方のお悩みでもよく聞くんですが、「母親だから」「妻として」こうしなきゃいけないとか、「家庭では」「職場では」こうしなきゃいけない、というのでみんな結構苦しんでいるんだなと。今のメッセージというのはそういう方たちに凄く響くなと思いました。

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
あとは、やはり“できるところを探す”こと。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
“ないもの”を探すのではなく。

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
「~だから、できない」ではなく、今、「~だからこの中でできるものは何?」とか。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
八支則の「サントーシャ」の考え方に近いですね。足るを知る。わたしはこのサントーシャを「意識を“ある”に向ける」と意訳して、生徒さんにお伝えしています。
※編集部注※
「八支則」とはヨガの基本の考え方で、8つの段階を経て最終目的である「悟り」に辿り着くための道筋です。
「サントーシャ」はその八支則の2段階目の「ニヤマ」に出てくる考えで、「知足」と訳され、自分がすでに当たり前に持っているものに感謝をしましょうという教えです。

ケンハラクマインタビュー28

4、ケン先生が考える“瞑想”とは

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
カメラの撮影を例にしましょう。被写体にレンズを通して強い意識を向けて、カシャカシャ撮る。これが“集中”で、これも大事だけど。

カメラマンの方に、「一番良い画が撮れる状態とは?」について聞くと、よく返ってくる答えが「被写体の向こう側がレンズに飛び込んできて勝手にシャッターを押される」それが最高の写真だと。

私が撮っているのではなくて、向こう側が飛び込んできて、意識上に入ってきて勝手に押された感があるもの。これを意識上で変化させれば良いわけだから。

ケンハラクマインタビュー55
この写真も、わたしがレンズに飛び込んでいったのかな・・・?

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
その状態に入るのがとても難しいですよね。どうやってその状態をつくるんでしょうか?

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
私がレッスンでよく皆にやってもらうのが、三つのボールを落とさないようにするジャグリング。手元ばかり見ていたりボールばかり見ていると、うまくできない。“見る”よりも、向こう側が“来る”を意識して動かすと落とさない。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
ヨガのアジャストにも通じますね、全体を俯瞰してみながら指導する感覚でしょうか。

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
そう、こちらから“見る”だと、その瞬間で見る場所が変わっちゃうんだけど、全体を受け入れていると、同時に複数が意識に入る。これが瞑想なんです。瞑想は“来る”とよくいいます。

瞑想をしましょうというのは、している場所にしか行けない。自分側に来るように意識を変えれば、同時に複数のものが自分に来る。自分側に来るのを、リラックスしているだけでアンテナが全部、情報を仕入れてくれる。
山に登るのではなく、頂上が下りてくるように足踏みをしている。それが一番楽だと。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
すごい分かりやすい例え!私も山を登ろうとしていたから、苦しかったんだと思います。

今日のケン先生のお話も、ヨガに出逢う前の私だったら、どういうこと?何で?というふうに多分、全然理解できなかったと思うんです。でも、今はちゃんと理解できている自分がここにいて。昔は自分のことが嫌いだ、好きになりたいと思って悩んでいたのに、最近はもう好きとか嫌いとかそういう風に考えなくなりましたね。
わたし、New Meになりました。

ケンハラクマインタビュー26

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
もうヨガの知識とか経験がある人だから、こういうお話をするけど、ヨガのことが全く分からない人にいきなり話しても分からないよね。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
そうですね。わたしも昔は分からなかったから。そんなヨガ初心者の方にはケン先生はどのようにお伝えしていますか?

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
初心者の方には、まずは何でもやってみて分かるまで探そうよと伝えています。

ケンハラクマインタビュー50

5、「インストラクター」「ティーチャー」「コーチ」の違いとは

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
それでは、最後の質問です。ケン先生がヨガを指導する上で意識していることはなんですか?

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
“教えている”という感覚がなくて。ただ、今、ヨガインストラクターという名称を自分で呼ぶ人も多いと思うけど、ヨガ指導者は三つに分けられると思っています。インストラクターとティーチャーと、コーチ。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
なるほど。それぞれの違いというと・・・

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
①インストラクションはマニュアルを覚えれば誰でもできちゃう。
②ティーチングは自分の経験をスキルとしてそこに乗せて指導をしていく。
③コーチングは、相手の能力をいかに引き出すかというテクニック。

この三つが合わさると、ヨガを伝えていくときのベースがしっかりするかなと。それを使い分けできるとね。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
どのように使い分けていくのが良いでしょうか?

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
例えば、オンラインのウェビナースタイルで受講生が誰も顔が出ていない状態だったら、もう一方通行での発信だけじゃないですか。だから、インストラクションだけにしちゃう。

ティーチングで余計なことをあまり言わない。こういう時は手を挙げてね、とか、こういう時に息を吸って、吐いて、というのをクリアにするだけ。聴いている側はそのほうがシンプル。

オンラインでも、ある程度こちらが相手のことを指導できるスタイルならば、自分のノウハウとかスキルを少し小出しに出してあげる。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
確かに一言で「オンライン」と言っても講座のスタイルや接続方法で変わってきますよね。

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
でもこれがティーチャートレーニングだったら、受講生がどんどん変わっていく、発見していくことをサポートするわけだから、こちらから色々な質問をしていく。

ケンハラクマインタビュー45

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
コーチングのセオリーはいくつかあるから、「こうしてね」ではなく、「あなただったらどうしますか?」という質問が講座の中にいっぱいあると自分自身が発見しやすくなる。

この3つが伝える一つのベースにならないと。そうすると、自分の呼び名をヨガインストラクターとは付けない。そこだけではない部分の自分が出てくるわけだから。そこでみんな苦戦していらっしゃるんだと思うので。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
最初はしちゃいましたね。ヨガを伝えるには“ヨガインストラクター”にならなきゃと思っていたので。

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
Youtubeライブやインスタライブ、動画サイトとかは、もうこちらがつくったものを外へ出すだけだから“インストラクター”で良いんだけど。ティーチングになると、ズレたことを言っても聴いている相手には反応しないから。

やはり相手の状況が分かって何を伝えるかというのをレベルに合わせて変えてあげる。だから、これからヨガに関わっていく上で生き残れるのは、やはりコーチングのテクニック。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
ティーチングとコーチングの違いですね。わたしもMAJOLIの先生たちとも、よくこの話をしています。

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
それには色々な質問を投げかける。その投げかけた質問への答え方によって、また質問を投げかけると。禅問答みたいな、そういうのがあるじゃないですか。

ケンハラクマインタビュー65

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
MAJOLIでも生徒さまに「深堀ワーク」というのをやっていて、まさに色々な質問を投げかけていくことで、自分と向き合って頂く時間を作ってもらっています。改めて、わたしたちの講座の進むべき道も、ケン先生のお話を聴いて、より明確に見えてきた気がします。

ちなみに、コーチング力を鍛えるためには他にどんな練習法があるのでしょうか?

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
それは一番自分に自分をクエスチョンすること。一日のうちに自分にどれだけ問いかけられるか。

まず朝、起きたときに、今日一日どうする?とか訊くじゃないですか。そうしたら、今日はこんな気分だから、こうしようかと自分と会話するでしょう。

自分の中身の中の会話がより多くできていると、他の人とのコミュニケーションがしやすい。相手の意見に対して、色々な返答をしてまたキャッチボールで質問を投げかけられるんですね。それは、誰もいなくても自分で練習できるわけだから。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
本当にそうですね。改めて、わたしも実践してみます。

eri 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

ケン先生
マンネリで行動していることを、ときめきながら、盛り上がりながら、ワクワクしながら会話をする。そうすると、自分が喜んでくれるはず。

それだけ色々訊いてくれているんだと言いやすくなって、もっと自分が分かってきて、いっぱい自分の中に詰まっているものが表に出やすくなる。自分と決めている自分が出てくる部分、自分からもっと深い宇宙側の自分も出てくる。

mari profile 1 ケンハラクマ先生「ありのままの私でいる方法、お伝えします」インタビュー後半

真理
自分と向き合うことってそういうことですよね。とても勉強になりました。本当に深いところまでお話頂きありがとうございました!

ケンハラクマインタビュー24
MAJOLIメンバーたちも一緒に集合写真を撮って頂きました!
ケン先生、本当にありがとうございました!!

ケンハラクマ先生の
Instagram @kenharakuma
https://www.instagram.com/kenharakuma/?hl=ja

プロフィールリンク
https://lit.link/kenharakuma

スタジオHP
https://iyc.jp/

横幕 真理の
Instagram @mariyokomaku
https://www.instagram.com/mariyokomaku/?hl=ja

MAJOLIのHP
https://majoli.jp/

blank

今すぐ、憧れのヨガ資格をゲットしたい方へ

おうちヨガ動画コースならなら、スキマ時間に学習してRYT200の資格が取れます!
最短1ヶ月で取得可能で、卒業後の進路も相談にのってくれるので、すぐにインストラクターになることも。「自分らしい人生を歩みたい!」と思っている方はぜひチェックしてみてください。

blank
YogaStory代表 横幕 真理
ヨガを通じて、現代を生きる女性の キャリアアップや生き方を提唱するメディア創りがしたい。

そんな想いでYoga Storyを運営しています! “ヨガで世界をハッピーに” それがわたしの夢♥

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

合わせて読みたい

人気記事ランキング

ヨガストーリーライター・監修者一覧表

blank

ヨガストーリー メディア掲載履歴一覧

ヨガストーリーメディア掲載歴「ヨガジャーナルにご紹介されました」