ホーム キャリアアップ 副業・本業?ヨガインストラクターの働き方【6選】お給料や年収...

副業・本業?ヨガインストラクターの働き方【6選】お給料や年収、仕事内容まで解説

1.ヨガインストラクターの働き方について

ヨガインストラクターとしての働き方には、様々なものがあります。健康志向の高まりによりヨガは多くの人に求められ、ヨガの専門スタジオだけではなくスポーツジムやカルチャースクールなど幅広い場でヨガインストラクターは活動しています。

その雇用形態も様々で、以下の6種類が挙げられます。

①フリーランス、業務委託
②正社員
③派遣
④アルバイト、パート
⑤独立、開業
⑥副業

今回はそれぞれの仕事内容やメリット・デメリットについてお伝えしていきたいと思います。

2.フリーランス、業務委託のヨガインストラクター

maholiのオンラインヨガスクール

2-1. フリーランス、業務委託としてのヨガインストラクターとは

フリーランスという形で仕事をするこの形態は、ヨガインストラクターの働き方としては一般的なものになります。1か所ではなく、いくつかのヨガスタジオやフィットネスジムと業務委託契約をして、レッスン毎に報酬を受け取る形です。

仕事の内容としては、レッスンの他に掃除や接客などが含まれます。また、昨今ではオンラインでのレッスンも増えており、目の前の生徒に向けてではなく、画面を通してレッスンする場面も多くなってきています。配信の方法はスタジオからであったり、自宅から自身のPCを用いての配信であったりと様々です。

勤務時間などは契約次第となり、やり方次第では1日に数か所のスタジオを回って終日レッスンを行うといった日も出てきます。報酬に関しては1レッスン2,000円~5,000円という相場はありますが、人気になれば高額の報酬を受け取れる可能性もあります。

2-2. フリーランス、業務委託として働くメリット・デメリット

フリーランス、業務委託のヨガインストラクターのメリットとしては、時間やレッスン内容の自由度が高いことにあります。複数の案件を掛け持ちすることができるので、色々なレッスンに挑戦することができます。また、実力があれば高額の収入を得ることも可能です。

一方、毎月決まったお金が入るわけではなく、契約が取れなければ収入も不安定になってしまうという点は気を付けなければなりません。また、1日に何か所もまわる場合などは移動の時間や交通費なども自己負担となるため、そういった点も考えあわせたうえでのスケジュール管理が必要となります。

3.正社員のヨガインストラクター

ヨガスクール

3-1. 正社員としてのヨガインストラクターとは

正社員のヨガインストラクターは、インストラクターとして働くものの、あくまで属する企業の社員として働きます。

多くの場合、同じスタジオ内で1日に数回のヨガレッスンを行うことはもちろんですが、それ以外にも部下の教育やマネジメント、また教室の運営に関わる受付やレッスンの販売促進企画、レッスン内容の見直しといった様々な業務に携わります。

正社員はその安定性から人気のある雇用形態ですが、求人はさほど多くないようです。求人があったとしても、ヨガインストラクターとしての経験者を対象とすることが多く狭き門といえます。

ただ、企業によっては初心者でも受け入れている企業もあり、そうした場合は入社後にインストラクターとしての研修を受けるといった求人もあります。

勤務形態としては、勤務時間は7時頃~23時頃といった時間のなかで8時間のシフト制として働くケースが多いようです。休みは週2日程度、多くは平日の休みとなります。

給与は月給17万円~30万円程度が相場です。

3-2. 正社員として働くメリット・デメリット

正社員として働くメリットとしては、やはりその安定性があげられます。給与面でも毎月決まった額が収入として得られ、福利厚生なども適用されます。また、企業によっては社内での研修などでキャリアアップを図る機会が与えられることも。

ただ一方、デメリットとしては企業の社員ということで、複数のスタジオをもつ企業の場合は会社の都合での異動などが考えられます。また、担当するレッスンの指導方法や内容について会社の方針に従わなければならないなどの制約もあります。企業は利益を生み出さなければ続きません。

そうしたとき、自分のヨガに対する思いとは違ったことを指示されることもあるかもしれません。理想をもってヨガインストラクターになったのにこんなはずじゃなかったということがないよう、就職する企業の理念をきちんと理解する必要があります。

4.派遣のヨガインストラクター

4-1. 派遣のヨガインストラクターとは

派遣のインストラクターの働き方としては、「出張レッスン」といった形が中心になります。これらは資格認定協会からの紹介やヨガインストラクターの派遣会社に登録しての紹介をもとに仕事を得ます。

派遣の際の仕事内容は、紹介されたスタジオでのレッスンや、イベントなどでのレッスンとなります。生徒も企業の従業員であったりシニアであったり親子連れであったりと様々ですので、幅広く知識のある方が求められます。

勤務時間は派遣の依頼があった際に働く形となるため、選択することができます。給与面ではレッスン1回につき1万円~2万円が相場と言われますが、継続レッスンの場合は、1回数千円ということもあるようです。

4-2. 派遣で働くメリット・デメリット

派遣のヨガインストラクターのメリットは、時間の融通がきき、仕事も選べるので自分のペースでレッスンができることです。また、様々な種類のレッスンを担当することでスキルアップも図れます。需要も安定しているため、今はフルタイムでは働けないけれど時間を決めて働きたいという方に向いています。

一方、派遣先が見つからなければ収入が得られないため、常に次の仕事を探す苦労が伴います。また、派遣の場合は手数料がとられたり、登録の際に登録料がかかったりすることもありますので、契約の際には内容をきちんと確認したうえで締結するようにしましょう。

5.アルバイト、パートのヨガインストラクター

5-1. アルバイト、パートとしてのヨガインストラクターとは

アルバイト、パートのインストラクターは、ヨガスタジオやフィットネスジムなどでの勤務が多いです。また、内容も勤務先にもよりますが、インストラクターとしてのレッスンをメインとして担当するというよりはインストラクターのサポートであったり、受付や接客、掃除などであったりといった仕事が多いようです。

ただ、未経験でも採用の可能性が高いため、とりあえずヨガの仕事に関わりたいということであればハードルが低く採用されやすい職種になるかと思います。

勤務時間は7時頃~23時頃といった時間のなかでのシフト制です。収入は地域にもよりますが時給900円~1,500円程度と一般のアルバイトと相違ありません。

5-2. アルバイト、パートとして働くメリット・デメリット

アルバイト、パートのメリットは、あまり経験がなくても採用されやすく、そこでの経験を積むことで次のステップにつながるということです。また、週に2~3日、短時間だけ継続して働きたいという人にも適しています。

ただ、仕事内容は最初のうちは特にヨガインストラクターというよりはサポート的なものが主になりますので、すぐにでもヨガインストラクターとしてレッスンを担当して働きたいという方には向いていない職種といえます。

6.独立、開業して働くヨガインストラクター

yoga story school2 副業・本業?ヨガインストラクターの働き方【6選】お給料や年収、仕事内容まで解説

6-1. 独立、開業するヨガインストラクターとは

独立・開業してスタジオを経営することもひとつの働き方です。スタジオを経営するということになれば当然、インストラクターとしてレッスンをする以外に掃除や接客、物品販売などの仕事に加え集客などの経営に関するスキルも求められます。

また、スタジオが大きくなれば、他のインストラクターを雇用するなど雇用主としての仕事も発生します。

勤務時間はご自身のやり方次第となります。収入に関しては経営次第ですが、年収300万円以上の方が多く成功すれば年収1,000万円といった金額を手にすることも可能です。

6-2. 独立、開業のメリット・デメリット

独立、開業するメリットは、あらゆる面で自由であるという点です。レッスン内容や勤務時間、休み全て自分の思うように進めることができ、自身にとっての理想のヨガを広めることが実現できると共に希望通りの働き方ができます。また、経営がうまくいけば高額の収入を得ることができることも大きなメリットです。

一方デメリットとしては初期費用がかかることと、経営というビジネススキルが要求されることです。ヨガインストラクターとしてレッスンにだけ集中することができません。また、経営がうまくいかなかった場合のリスクも負わなければなりません。

7.副業として働くヨガインストラクター

ヨガ講師、NATSUKIさん

7-1. 副業としてのヨガインストラクターとは

正社員として他の仕事をしながら副業としてヨガインストラクターをする形態です。この場合は週に1~2回、ヨガスタジオなどでレッスンを行ったり、自主開催で場所も確保してレッスンを行ったりなどといった形になります。

ヨガスタジオであれば業務委託契約を結ぶ形になり、1レッスンは2,000円~4,000円程度が相場になります。自主開催であれば、集客から自分で行い会場使用料などの経費を除いたレッスン料が報酬となります。

7-2. 副業で働くメリット・デメリット

副業の形は、一方で安定した収入を得ながら夜間や週末に無理のない範囲でレッスンを行うことができます。副業である程度経験を積んでから、ヨガインストラクターを本業にするというステップにもつながります。

デメリットとしては、やはりレッスン数の少なさからスキルアップに時間がかかるという点です。本業が忙しくなれば、ヨガインストラクターとしての仕事も少なくせざるを得ない点もデメリットといえます。

8.おわりに

いかがでしたでしょうか?ヨガインストラクターと一言にいっても働き方や求められるものは様々です。

ヨガインストラクターとしてどう働きたいのか、一度ご自身に問いかけてみるのもいいのではないでしょうか。そのうえでメリット・デメリットを比較してご自身に合った働き方を見つけて楽しくヨガを広めていってください。

RYT200トレーナー 北野恵理
RYT200トレーナー 北野恵理
解剖学的に人が本来持っている運動機能を引き出すためのヨガクラス、ワークショップ、解剖学講座を関西で開催中。

ヨガを始められた皆様が笑顔溢れる日々を過ごせられるよう、それが「人生のための1時間」になるようなクラス作りを心掛けている。

大手ホットヨガスタジオ在籍中に経験とスキルを積み、その後独立を決意。2017年は人脈と経験値を広げたいとセブ島へ飛ぶ。 フリーヨガインストラクターの今、ヨガスタジオ、パーソナルクラス、サップヨガ、解剖学講師、イベント講師、オンラインレッスンなど幅広い形でヨガを広め中。

《資格》
・全米ヨガアライアンスRYT200(中島正明先生)
・日本サップヨガ協会認定講師
・日本ママヨガ協会 マタニティーヨガ認定講師
・筋調整ヨガTT終了
・シータヒーリング基礎DNA終了
・からだリセット開脚養成講座終了


《実績》
・クラス数 約2500本以上
・のべ約3万人の方へヨガクラスを提供
・ヨガウェア ブランド 『SPOUT』アンバサダー
・神戸みなと温泉蓮 TVCM(関西テレビ)出演中
・グランフロント大阪 アウトドアフェスタ2017 SUPヨガクラス担当
・東急ハンズ(三宮店)2018ヨガイベント講師
・読売TV ほんわかTV出演 (サップヨガ講師役として)
・YMCメディカルスクール 解剖学WS講師
・某温泉施設の岩盤ヨガスクリーン講師を担当
・TSUTAYA✖️ヨガ イベント講師(2019年東京へ進出)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

合わせて読みたい