ヨガストーリーヨガブログみんなのヨガを始めた理由、スタジオの選び方は?【調査結果まと...

みんなのヨガを始めた理由、スタジオの選び方は?【調査結果まとめ】

今回この記事では、ヨガに関する様々なアンケート調査結果について紹介していきたいと思います。

皆さんのヨガを始めた理由やヨガを習慣的に行なっている人の割合、年齢別のヨガスタジオを選ぶ基準などのデータをまとめています。

ヨガをしている、これからしたいという方の参考になればと思います。

1. ヨガを始めた理由とは

まずは、ヨガを始めた理由についてみていきましょう。一般社団法人 日本ヨガインストラクター協会(JYIA)のアンケート調査結果です。

ヨガを始めた理由
引用元:一般社団法人 日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

全国20代~50代のヨガ経験者の女性1,056人を対象に調査。それによると、ヨガを始めた理由の第一位として、健康のためと答えた人が47.8%と最も多く、次にダイエット目的が23.3%、腰痛や肩こりの緩和11.0%と続きます。

なんと約8割もの人が、健康のため・ダイエットのためと回答しています。

ヨガはもともと心身のバランスを整えるためのスポーツです。健康志向のためにヨガが選ばれるのは必然的ともいえますね。

また、コロナ禍で在宅勤務が増えたり、ステイホームで外に出る機会も減っています。そのため、運動不足解消やストレス解消目的でヨガを始める人もかなり増えたようです。

スタジオに行って対面ではなく、オンラインで手軽にヨガが受けられるようになったのも、ヨガを始めた理由として拍車がかかっているようです。

皆さんもこれを機に、オンラインでヨガを初めてみてはいかがでしょうか。

2. これからやりたいスポーツNO1は「ヨガ」

どのくらいの女性が現在スポーツをしているのでしょうか。また、何もしていない人はこれからやりたいスポーツとして何が人気なのか。

BWRITEでは、18歳以上の女性226人に「女性とスポーツについての意識調査」を実施。

スポーツをしている人の割合
引用元:女性とスポーツについての意識調査

それによると、現在なにかしらスポーツをしている人は27.9%という結果に。

年齢別
引用元:女性とスポーツについての意識調査

年齢別に見ると、18〜29歳が4割弱、30〜40代は3割弱と、若い人の方がスポーツをしている割合が多いようです。

そして、現在何もスポーツをしていないという7割の人に、なんのスポーツに興味があるかアンケートを実施。

気になるスポーツは
引用元:女性とスポーツについての意識調査

その結果、なんと1位はヨガの31.3%。2位にウォーキング、次いでスイミング、ランニングと続きました。

女性にとって、ヨガはまだやってはいないものの、やってみたいスポーツのうちの一つのようですね。

ヨガをやってみたい理由としては、リラックスできそうだから、手軽だから、メンタル面にもいいからという理由が多く挙げられました。

女性を中心に人気上昇中のヨガ。まだヨガをしていないものの、気になる、やってみたいという方はかなりいるようです。

また、マイボイスコム株式会社は習い事に関するアンケート調査を実施。

習いごとの種類
引用元:マイボイスコム株式会社による習い事に関するアンケート調査

直近1年間に実施した趣味の習い事に関し、「ヨガ、ピラティス、体操」が20.1%という結果になりました。

習い事の目的
引用元:マイボイスコム株式会社による習い事に関するアンケート調査

習い事の目的としては、1のヨガを始めた理由と同じく健康維持が挙げられました。

3. ヨガを習慣的に行なっている人の割合

株式会社NEXERは、ヨガスタジオ運営を行う株式会社ヨギーと共同で「ヨガと瞑想に関するアンケート」を999人に実施。

ヨガの習慣
引用元:株式会社NEXER

ヨガを習慣的に行なっていますかのアンケートで、習慣的に行なっていると答えた人は8.0%という結果になりました。

ヨガをしている約1割の人は、習慣的にヨガを行なっているとのことでした。また、その理由として、運動不足の改善・ダイエットと、1のヨガを始めた理由とほぼ同じ結果になりました。

4. ヨガスタジオを選ぶ基準

実際にヨガスタジオに通っている人は、どのような基準でヨガスタジオを選んでいるのでしょうか。

年代別でヨガスタジオを選ぶ基準の特徴について、オトコロドットコム、年代別ヨガスタジオを選ぶ基準と目的(20代~50代の女性200名へのヨガアンケート調査レポート第2弾)で20〜50代の女性200人にアンケート調査結果が出ています。

スタジオを選ぶのに重視すること
引用元:年代別ヨガスタジオを選ぶ基準と目的(20代~50代の女性200名へのヨガアンケート調査レポート第2弾)

このアンケート調査の結果によると、ヨガスタジオを選ぶ際に最も優先することの項目として、どの年代にも料金が一位として挙げられました。

料金の次に重視されたのは、年代別によって多少異なります。

年代で見るスタジオの選び方
年代別ヨガスタジオを選ぶ基準と目的(20代~50代の女性200名へのヨガアンケート調査レポート第2弾)

20代では2位にインストラクターの技術や人柄、初心者でも安心して通えるスタジオかが重要されています。
30代では、立地・アクセスの良さが2位に挙げられています。
40代でも、立地・アクセスの良さを、50代ではやりたい種類のヨガがあるかどうかが挙げられているようです。

20代はまだヨガの経験も浅く、これから始めるという人も多いのでインストラクターや初心者向けを重視して選ぶ傾向があるようです。

30代からは、仕事や家庭の事情から、アクセスを重視した結果に。

現在はオンラインも増えてきているのでまた調査結果はズレるかもしれませんが、やはりアクセスの良さは外せませんね。

5. マタニティヨガ

最後に、マタニティヨガについて見ていきましょう。

マタニティヨガのメリットとして、運動不足の解消や、体の不調の緩和などが挙げられます。また、同じ妊婦さんが参加しているので、そこで悩みを打ち明けられる友達ができたりするのもメリットですよね。

それでは、マタニティヨガによってどんなメリットを感じたのか、マタニティヨガをやって良かったかについて、オトコロドットコムにて、マタニティヨガについて20~40代の女性100人にアンケート調査が実施されました。

マタニティヨガのストレス発散
引用元:オトコロドットコムにて、マタニティヨガについて20~40代の女性100人にアンケート調査
まずは、マタニティヨガは妊娠中のストレス発散になったについてのアンケートです。これによると、9割以上の女性がストレス発散を実感していることがわかります。

妊娠中のヨガは心身ともに良い効果があると実感しているようですね。

マタニティヨガの呼吸
引用元:オトコロドットコムにて、マタニティヨガについて20~40代の女性100人にアンケート調査

こちらのアンケートは、マタニティヨガは出産時の呼吸法に役だったかという結果です。7割ぐらいの女性が、役に立ったと実感しているようです。

陣痛がピークになると、痛みから呼吸を止めがちになりますが、ヨガの呼吸法を思い出し、意識的に大きくゆっくり呼吸することで、陣痛を和らげたり、赤ちゃんに酸素を行き届けたりできます。

初めての出産で不安な方は、マタニティヨガで呼吸の練習をしてみるのも良さそうですね。

YogaStory編集部Rie
YogaStory編集部Rie
YogaStory編集部です。 ヨガインストラクターの資格関連、ヨガポーズ、ヨガを活かしたライフスタイルなど、皆さんのお役に立てる情報を配信していきます! よろしくお願いいたします。
動画のみでRYT200の資格が取得できます

今すぐ、憧れのヨガ資格をゲットしたい方へ

おうちヨガ動画コースならなら、スキマ時間に学習してRYT200の資格が取れます!
最短1ヶ月で取得可能で、卒業後の進路も相談にのってくれるので、すぐにインストラクターになることも。「自分らしい人生を歩みたい!」と思っている方はぜひチェックしてみてください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

合わせて読みたい

人気記事ランキング

ヨガストーリーライター・監修者一覧表

blank

ヨガストーリー メディア掲載履歴一覧

ヨガストーリーメディア掲載歴「ヨガジャーナルにご紹介されました」