TOPダイエット鍋ダイエットなら健康的に痩せれ...

鍋ダイエットなら健康的に痩せれる!なんと始めて3ヶ月で-7㎏達成した方法教えます

はじめまして!私は美容が大好きな20代女性の会社員です。

今まで数多くのダイエットに挑戦してきて、痩身エステに通ったこともありました。しかしダイエットには成功しても、食事制限がきつくストレスが溜まってしまったり、エステに通っても結局は食事制限や運動は欠かせないといわれ「綺麗を保つためにはこんなに辛い思いをしなければいけないのか」と考えていた時期がありました。

そんな時に、「鍋であればもしかすると制限無く食べても良いのではないか」こう考えたのが、鍋ダイエットを始めようと思ったきっかけです。何よりも、健康的に食事制限なしで痩せたい!と思いました。

そこで今回は私が経験した、「好きなものを好きなだけ食べながら継続して続けられるダイエットが鍋ダイエットである」ということを、私の経験からお話できたらと思います。

鍋ダイエットの始まり

皆さんも、ダイエットしようと考えた際に、まず始めに考えることは食事制限しなくてはならないのか、ということではないでしょうか?食事制限のダイエットは長期間するには難しく、私みたいにストレスが溜まりがちになってしまいます。実際、食事制限がきつくてダイエットに挫折してしまった方も、たくさん知っています。

しかし鍋ダイエットであれば、「比較的具材もヘルシーなものばかりで、お腹いっぱい食べても罪悪感がなく長期的なダイエットにも向いているのではないか?」と考え、行動したのが始まりです。

鍋ダイエットをしてみてわかった結果

鍋ダイエットを始めて3ヶ月で-7㎏達成

まず鍋ダイエットをしてわかったことは、「3ヶ月で-7㎏痩せることが出来る」ということです。お腹が膨れる程鍋を食べているのに本当に痩せたのか、自分でも始めは半信半疑でした。しかし、3ヶ月以上経っても55㎏→48㎏になった体重は元には戻らず、維持することができたのです。

鍋ダイエットは飽きない

また、鍋ダイエットの場合、さまざまな食材を入れることができる上、スープもたくさんの種類があるので毎日飽きずに食べ続けられます。そのため、途中で飽きたり嫌になることが無く目標の-7㎏まで達成することができたのだと思います。
冒頭でもお話しましたが、やはり継続してできるダイエットであれば、ストレスが溜まらなく、嫌にもならないので長期間でも続けられるということがわかりました。

鍋ダイエットのやり方

鍋ダイエットの順番

それでは早速、鍋ダイエットのやり方について順番にご説明します。

①自分の好きな具材を選ぶ
②自分の好きなスープを選ぶ
③鍋を作る

たったこれだけです!
基本的に一日すべてのご飯を鍋に置き換えるようにします。

① 自分の好きな具材を選ぶ

自分の好きな具材を選ぶ際は何を選んでも良いですが、野菜やお肉、きのこ類などバランス良く入れることでよりダイエット効果が期待できます。また、うどんなどの炭水化物はできれば控えるようにしてください。
少し余裕があれば、きのこやキャベツなどの食物繊維が豊富なものを入れると便秘が解消されて、お腹の調子が良くなるためおすすめです。
また、たまに気分を変えたい時には、麺の変わりに春雨を入れるのもおすすめですし、よりヘルシーに食べたいのであれば糸こんにゃくを入れるのもおすすめです。

② 自分の好きなスープを選ぶ

自分の好きなスープを選ぶ際には、出来るだけさまざまなジャンルのスープを選ぶようにしましょう。シンプルなかつおや昆布ベースのものから、韓国チゲ風やとんこつ鍋、味噌鍋など色んな種類を選ぶことで楽しみながら食べることが出来ます。

また、私は夜ご飯の時に鍋を大量に作っておいて、次の日の朝食や昼食に食べていました。朝から鍋を作るのは大変なので、前日の残りを食べると時間にもゆとりができます。特に冬は朝から冷えますので、鍋を食べることで体が温まり、朝から元気に活動することができた気がします。

苦手な具材にもチャレンジ

鍋であれば、「少し苦手」だと思う具材でも、煮込んでしまえば案外食べられるものもあります。このように、たくさんの種類の具材を食べることがとても重要なポイントです。色んなものが食べられるようになれば、さまざまな栄養を取ることができるため、まずは鍋に入れて食べてみてください。

キャベツがおすすめ

私の場合、値段もお手頃でまるごと購入できるためお得なキャベツをよく鍋の具材として選んで食べていました。キャベツはかさばるので生で食べるには量を食べなくてはいけませんが、鍋であれば煮込まれてかさが抑えられるため、たくさん食べることができます。また、キャベツはどのスープにも合うというのもおすすめする理由のひとつです!

辛いものが得意な方はカプサイシン入りを選ぶ

辛いものが得意なのであれば辛めの鍋スープにしてみることもおすすめです。唐辛子にはカプサイシンが含まれているため、体脂肪を燃焼させて、エネルギーを消費してくれるという効果があります。また、食べる際に発汗することが出来ればよりダイエット効果も高まるのでぜひ試してみてください。

鍋ダイエットをする際の注意点

① 炭水化物を抜かない

まず、最も注意して欲しい点は、炭水化物を完全に抜かないで欲しいということです。以前鍋ダイエットをした際に、完全に炭水化物を抜いてしまったため、働いている途中で立ちくらみがして倒れてしまったことがありました。炭水化物はエネルギーのため、人間に必要不可欠です。早く痩せたいからと言って、完全に抜くことは辞めましょう。

炭水化物を取るのに良いタイミングは、朝食か昼食がおすすめです。夜はご飯を食べた後は基本的に寝るだけの人が多いと思うので、炭水化物を食べると体に蓄えられてしまいます。しかし朝食や昼食であれば、働いている間など動いている時間で必要な分消化されるので、遅くても昼食までには食べるようにしてください。その際に食べる炭水化物は、パスタやパンではなく、できればお米を食べてください。お米は腹持ちが良いため、食べ過ぎを防いでくれます。

② お肉は豚肉か鶏肉がおすすめ

基本的にお肉を選ぶのであれば牛肉ではなく豚肉や鶏肉をおすすめします。豚肉や鶏肉にはダイエットに必要な養分が多く含まれている上、値段も牛肉に比べて安価であるため継続して続けるという点でも、おすすめです。お肉の種類には注意が必要で、特にモツなどの脂やカロリーの高いものはできるだけ避けるようにしてください。

鍋ダイエットをより成功させるためには

ここまで、鍋ダイエットについて詳しく説明してきましたが、何よりも大切なのは「美味しいと思って食べること」これだと思います。

冒頭でもお話しましたが私は過去に、ファスティングや食事制限など食べるのを控えるダイエットもした経験があります。しかし、一時的には痩せるものの、ストレスでリバウンドしてしまったり、常にイライラしている状態が続いてしまいました。これでは体にも精神的にも良くないと思い、チャレンジしたのがこの鍋ダイエットなのです。

鍋ダイエットに挑戦してからはリバウンドすることもなく、上手く体重をコントロールしながらご飯を食べることができています。

また、鍋ダイエットは体が芯からポカポカと温まるため、これからもっと寒くなる季節にもピッタリです。
自分の好きな具材が食べられる鍋ダイエットで、ストレスなくより綺麗になれる人が増えるように応援しています。

ゲストライター
ゲストライター
ヨガ・ピラティスの講師、ダイエット経験者など、さまざまな方々からのゲスト投稿および口コミ体験談です。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

合わせて読みたい

人気記事ランキング