ヨガストーリーヨガ資格オーストラリアヨガ留学【2022年最新版】おすすめスクールや...

オーストラリアヨガ留学【2022年最新版】おすすめスクールや費用の目安をご紹介!

今回はオーストラリアのヨガスクール事情から、RYT200やオーストラリア政府公認のヨガ資格をご紹介していきます。

英語でヨガを教えたい人や、大自然でのヨガライフを堪能したい人に特におすすめです。また、2022年10月時点でのコロナ関連による入国についてもまとめてみましたのでぜひ最後まで読んでみてください。

オーストラリアでヨガ留学するメリット

① 英語が話せれば世界で活躍できる

海外旅行に興味はあっても、英語に対して苦手意識を強く持っている日本人はとても多いです。それもそのはず、日本の英語力はアジア29ヵ国の中でも下から3位と言われています。

逆に言えば、アジア圏の大多数は英語が話せます。

そんな中、2020年のコロナ禍にはヨガ業界もオンラインレッスンやYouTube動画が急成長しています。将来に備えて資格取得を目指すのであれば、人口が減りつつある日本に視野を狭めずに、世界中の人々へヨガの魅力を伝えられるようにしておいた方がいいでしょう。

② ヨガライフを味わえる環境がある

ヨガ発祥の地インドの次に日常的にヨガを取り入れている国がオーストラリアです。

ヨガの聖地としても知られているバイロンベイは、美しいビーチが広がり、大自然に囲まれオーガニックの食材を使ったレストランも多くあります。

健康志向の高い人もたくさんいるため、平日の昼間から公園でビジネスマンが走っていたり、ヨガをしている人を見かけることも珍しくありません。周りの人々や環境に後押しされるように、ヨガをライフスタイルに習慣づけることが簡単にできるようになります。

③ 政府公認の専門学校で資格が取れる

オーストラリアにあるヨガスクールでは、全米ヨガアライアンス(RYT200・RYT500)のヨガ資格はもちろんのこと、オーストラリア政府公認のヨガ資格を取ることも可能です。

「RYT200・RYT500」はアメリカのヨガ団体が発行する資格ですが、オーストラリア独自の資格は、オーストラリア政府が制定した教育システムの卒業証書です。

「Certificate Ⅳ(サティフィケート1−4)」では短大卒レベル、「Diploma(ディプロマ)」では大学1年目修了レベルまで学習することができます。

ヨガ留学におすすめスクールをご紹介(オーストラリア編)

オーストラリア政府認定資格が取れるヨガスクール

ALG-オーストラリアン・カレッジ・オブ・スポーツ&フィットネス

ALG-オーストラリアン・カレッジ
https://www.Aussie-study.com/alg-yoga

まずは、オーストラリア政府公認の資格が取れるヨガスクールからご紹介します。今回ご紹介するヨガスクールではコースの種類に関わらず、期間・料金が同じになっています。

1年間の滞在が必要なため学生ビザが必要になります。学生ビザを取得することでアルバイトをしながら滞在することが可能です。収入は1ヶ月10万円前後を目安に考えておくといいです。

【通学】週2回/12ヶ月間
【学習時間】805時間(座学、実技、セルフスタディ260時間)
【費用】入学金:595ドル/授業料:7960ドル 合計8555ドル
分割払い(5回)※13回払いもあり

〈Certificate Ⅳ in Yoga Teachingコースの特徴〉

様々なヨガのスタイル、解剖学、論理、ヨガ指導の哲学、ヨガビジネスのリスクなどを学習します。ヨガ講師やスタジオオーナーを目指すコースです。終了後は「Yoga Australia レベル2」に登録可能です。

〈Diploma of Yoga Teachingコースの特徴〉

ヨガのスキルを更に深め、個人やグループへの指導だけでなく、持病があるクライアントにも特別指導ができるように学習します。上級ヨガ講師や、ライフステージ指導を目指すコースです。終了後は「Yoga Australiaシニア指導」として登録可能です。

全米ヨガアライアンスの資格が取れるヨガスクール

Byron Yoga Centre/バイロン・ヨガ・センター

Byron Yoga Centre
https://www.byronyoga.com/japanese-level-1/

1988年にカリスマ・インストラクター(ジョン・オギルヴィ氏)によって設立されたこちらのヨガスクールは、オーストラリアで最も古い老舗のヨガスクールとして有名です。

オーストラリアで初めて「全米ヨガアライアンス」のティーチャートレーニングコースを開校できたのもこちらのスクールになります。日本語通訳付のヨガレッスンがあり、日本人スタッフも在籍しています。

【通学】RYT200:英語クラス 12日間/日本語クラス 14日間
RYT300(RYT500):英語クラス 12日間/日本語クラス 14日間

※RYT300は、既にRYT200を修了した者に限ります。お持ちのRYT200と合わせてRYT500の修了証を発行してもらうことができます。

【学習時間】
RYT200(12〜14日間)
現地/120時間の実践(アサナ、指導法、ヨガ哲学、応用解剖学、他)
帰国後/80時間の課題提出

RYT300(12〜14日間)
事前準備/8〜12週間でDVDを使いRYT200の復習
現地/120時間の実践(一般生徒に向けたクラス体験、他)
自主学習/180時間(ヨガクラス参加30回、アジャストメント等のサンプル集め、ティーチング50時間以上、他)

【費用】
RYT 200:英語クラス 3550ドル/日本語クラス 5200ドル
RYT 300:英語クラス 3750ドル/日本語クラス 5200ドル

※早割では、日本語クラスが4900ドルで受講可能になります。
※現地で全て完結したい人には、20日間コース(英語クラス)の用意もあります。その場合は、RYT200は4800ドル、RYT300は4950ドルで受講することができます。

2022年・オーストラリア留学のコロナ情報

最後に、2022年10月時点でのコロナに関する入国制限についてご紹介します。簡単に言うと、オーストラリアへの入国はほぼ制限がありません。

以前はワクチン接種の証明が必要でしたが、2022年7月6日以降は、短期・長期に関わらずワクチン接種が不要、渡米前のPCR検査も不要となっています。

ただし、日本への帰国には注意が必要です。ワクチン接種証明書または、72時間以内の陰性結果の証明書が必要となります。厚生労働省による「ファストトラック」を利用することで入国手続きを簡略化することができます。

ファストトラックを利用する場合はアプリ「My SOS」の事前登録を完了させておきましょう。

〈日本出国→オーストラリア入国〉
○:ワクチン未接種者の入国
○:渡米前のPCR検査なし

〈オーストラリア出国→日本入国〉
○:ワクチン接種証明書あり
△:ワクチン未接種者は、出国前72時間以内の陰性結果の証明書必須

厚生労働省・ファストトラック
https://www.hco.mhlw.go.jp/#news
My SOS アプリインストール
https://mysosp.page.link/sfY2kRrviv4t4eFy7

まとめ

・オーストラリアのヨガ留学は、英会話の勉強にも役立つ
・オーガニックな環境がヨガに最適
・政府公認のスクールで資格が取れる
・長期滞在(1年間)ならオーストラリア政府認定資格が取れる
・全米ヨガアライアンスなら最短12日間で取得可能
・日本語しか話せなくても問題ない
・オーストラリアへの入国は簡単
・日本への帰国には「My SOS」アプリがおすすめ

YogaStory編集部Rie
YogaStory編集部Rie
YogaStory編集部です。 ヨガインストラクターの資格関連、ヨガポーズ、ヨガを活かしたライフスタイルなど、皆さんのお役に立てる情報を配信していきます! よろしくお願いいたします。
動画のみでRYT200の資格が取得できます

今すぐ、憧れのヨガ資格をゲットしたい方へ

おうちヨガ動画コースならなら、スキマ時間に学習してRYT200の資格が取れます!
最短1ヶ月で取得可能で、卒業後の進路も相談にのってくれるので、すぐにインストラクターになることも。「自分らしい人生を歩みたい!」と思っている方はぜひチェックしてみてください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

合わせて読みたい

人気記事ランキング

ヨガストーリーライター・監修者一覧表

blank

ヨガストーリー メディア掲載履歴一覧

ヨガストーリーメディア掲載歴「ヨガジャーナルにご紹介されました」