ホーム RYT200 ヨガインストラクターなら持ちたい、おすすめ人気ヨガ資格5選

ヨガインストラクターなら持ちたい、おすすめ人気ヨガ資格5選

世界で注目され、日本でも様々な場所で習うことができるようになったヨガ。

現代のようなストレスフルな社会で、心も身体も整えてくれるヨガは多くの人に求められています。

そんなヨガを教えるヨガインストラクターを目指したいと思ったとき、種類豊富なヨガ資格のなかから、一体どんな資格をとったらいいのかと迷う人も多いのでは?そこで今回はヨガインストラクターを目指すときに知っておきたいヨガ資格を厳選してご紹介します。

ヨガ資格の取得の前に、まずは「ヨガの資格を取って何をしたいのか」「なぜ資格を取得したいのか」を考えることも大切です。

単純にヨガを深めたいということであれば、資格にこだわる必要もありませんし、インストラクターになりたい場合でも、どんな場でどんな人に伝えていきたいかで取るべき資格も変わってきます。まずはご自身の目的を明確にしましょう。

1.国際的なヨガ資格について

まずは、国内の認定校でも取得することができる国際的な資格についてご紹介します。国際的に知名度・信頼性の高い海外の2団体による認定資格です。

1-1. 全米ヨガアライアンス認定資格

ヨガ資格として、世界的に最も有名なものは「全米ヨガアライアンス」の資格です。アメリカの非営利団体が認定するもので、世界70か国で通用する国際的な資格となります。

【取得できる資格と難易度】

■ RYT200

最もベーシックな資格としては「RYT200」となります。

RYTはRegistered Yoga Teacherの略で全米ヨガアライアンスによって定められた200時間のカリキュラムを学ぶことで資格取得の権利が得られ、カリキュラム修了後、ヨガアライアンスに登録することで資格保持者となります。

国内ではRYSというヨガアライアンスの認定校でそのカリキュラムを学ぶことが可能です。国内のRYSも様々ありますので、スクール選びも重要です。

RYT200取得の難易度は、内容自体は養成講座をしっかりと受講することで問題なく取得することができるレベルです。期間は短期集中型や1年ほどかけてしっかり行うものなど様々です。

ただ、そもそも200時間という学習時間をとれるかというところで、ハードルが高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、これまでは主に通学による講座受講という方法でしたが、新型コロナウィルスの影響によりオンラインでの受講も可能になったことから、ややハードルが下がったのではないでしょうか。

費用は概ね40万円~60万円ですが、スクールによって異なりますので、事前に問い合わせて詳細を確認したうえで比較検討することが必要です。

■ RYT500

RYT200の上位資格としてRYT500という資格もあります。これはRYT200をもつインストラクターがさらに必須カリキュラム155時間と選択カリキュラム145時間の計300時間を学んで取得する資格です。

さらに、登録にはコースの修了後、最低100時間のティーチング経験が必要となり、日本では取得者はそれほど多くありません。

取得までのカリキュラム受講時間も長く難易度も高い上位資格ですが、取得しているとインストラクターの採用試験などでの優遇といったメリットがあります。

また、300時間のカリキュラムのなかにはスクールにもよりますが、シニアヨガやマタニティヨガ・キッズヨガなどのコースも単位として含まれていることもあり、様々なヨガを教えることができるようになります。

費用は60万円~90万円が相場となっています。

■ RPYT

RPYTはRegistered Prenatal Yoga Teacherの略で、マタニティヨガインストラクターを目指す資格です。この資格はRYT200もしくはRYT500を既に取得済みの方のみが取得できる資格となります。

カリキュラムは女性の身体についての座学やマタニティヨガの実習、妊娠中のトラブル改善法などで85時間を必修としています。

費用は15万円~20万円が相場となっています。

■ RCYT

RCYTはRegistered Children’s Yoga Teacherの略で、キッズ向けヨガインストラクターを目指す資格です。こちらの資格もRYT200もしくはRYT500を既に取得済みの方のみが取得できる資格です。

カリキュラムは子どもの身体や年齢に合わせたレッスンプランについてなどで95時間を必修としています。

費用は15万円~20万円が相場となっています。

1-2. インド中央政府公認資格

ヨガのメッカであるインド中央政府公認の資格です。インド中央政府が認定した養成機関で取得できるもので、国内では「日本ヨーガ・ニケタン」という団体が日本語による講座を開催しています。

【取得できる資格と難易度】

■ YIC

YICとはYoga Instructor’s Courseの略で、インドの伝統的なヨガの歴史・哲学などの背景、その応用であるヨガ療法などを学び、指導者を目指すカリキュラムとなります。

月1回程度の頻度で開催される講座を全10回受講する必要があり、取得までにおよそ12か月~15か月ほどかかります。

7割の出席とレポート提出、各種試験、卒業論文が卒業要件となっており、他のヨガ資格に比べると難易度は少し高めといえます。講座の受講に関しては、現在はオンラインでの受講となっています。

ヨーガ・ニケタンでの講座受講費用は13万円です。

■ YTIC

YTICはYoga Therapist Instructor’s Courseの略で、YICの修了者が対象となるヨーガ療法士養成講座です。

この講座は病気の理解、心と身体の関係、なぜ病気になるのかといったことをはじめ、人間のもつ自然治癒力を最大限に引き出せるようサポートするヨガ療法指導のスキルを学ぶカリキュラムとなっており、受講期間は2年となっています。この講座では具体的なヨガ療法の実践が伴うため、難易度は高いものとなります。

ヨーガ・ニケタンでの講座受講費用は約20万円です。

2.国内団体によるヨガ資格

海外の団体による認定資格は、世界的に見たときの認知度や信頼性で考えると良いものですが、取得後のサポートという意味では国内団体の発行する資格も魅力的です。

資格取得後の進路についての相談や仕事の斡旋を受けることができる団体などもあるため、方向性が合致する団体があれば選択肢のひとつとして検討してみてください。

2-1. NPO法人 日本ヨガ連盟認定資格

ヨガによる病気の予防や健康増進を目指し、ヨガ講師の派遣や社会貢献活動などを行う日本のNPO法人です。

【取得できる資格と難易度】

■ インストラクター

日本ヨガ連盟では、ボランティア活動にあたることのできる講師の養成、認定を行っていることから、NPO法人の基礎知識やボランティア精神などについても学習することが特徴です。

講座は7日間で認定試験に合格すると資格を取得することができます。難易度はそれほど高くはありません。費用は11万円程度となっています。

■ ティーチャーインストラクター

インストラクターの資格取得後、さらに後進に指導方法やスキルを伝えたいという方のための上位資格です。特に講座などを受講する必要はなく、日本ヨガ連盟の理念に沿った活動をしているかどうかなどの資格審査に通れば取得することができる資格です。

■ 温泉ヨガ指導員一級・二級

温泉施設などでヨガの指導ができる資格で、7日間のインストラクター養成講座の受講後に取得することができます。受講期間は2~3日で費用は11万円程度です。期間も短く難易度も低めの資格です。

2-2. 一般社団法人 全日本ヨガ協会(AJYA)認定資格

ヨガを通して地域社会に暮らす人々の美容・健康・ストレス解消、そしてコミュニティーを広げることを目的とした団体。全国にヨガスタジオや認定校を広げ、優秀なインストラクターの育成とヨガを楽しむ人々の輪を広げる活動をしています。

【取得できる資格と難易度】

■ AJYA3級 マスター

AJYA認定スクール及び教室でインストラクターとして指導が可能となる資格です。座学から実技まで幅広く学べます。受講時間は36時間と短期間で、費用も約9万円と比較的取得までの難易度が低い資格といえます。

■ AJYA2級 アドバンス

マスターを修了した方の上位クラスです。こちらを取得すると、認定教室(一般の方へのヨガ指導の場)での独立開業プログラムの開催が可能となります。受講時間は64時間、費用は約20万円となります。取得の難易度としては低めです。

■ AJYA1級 シニア

アドバンスを修了した方の上位クラスです。こちらを取得すると、認定スクール(3級マスターの資格認定試験を行うことができる場)での独立開業プログラムが可能となります。

受講時間は36時間、費用は約38万円です。取得の難易度としては、プログラムを受講していれば問題ないものとなっています。

尚、認定教室・認定スクールの登録には登録料なども必要となりますので、開業を視野に入れている方は事前に確認しておきましょう。

2-3. 一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)認定資格

人々が積極的・自律的に病気や怪我を防ぐ社会づくりを目指して健康増進に貢献することを目的とした団体です。

【取得できる資格と難易度】

■ ヨガインストラクター2級

ヨガとは?から始まり、ヨガインストラクターに必要なマインドやアーサナの効果効能・ヨガ哲学など幅広くヨガについて学びます。期間は9か月ほどで費用は約30万円となっています。

■ ヨガインストラクター1級

2級を取得した方の上位資格となります。2級の資格取得後、1級の資格を取得することでRYT200の講座を修了したとみなされます。費用は約35万円となっています。

3.おわりに

様々な資格をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?期間や費用も多種多様ですが、やはり知名度からいうとRYT200の資格を取得することが、インストラクターとしての活躍の場を広げる近道となりそうです。

ただ、自分の教えたい方や教えたい場が決まっている方は、その場に最も適した資格はどれなのかを見極める上での参考にしていただければと思います。

RYT200トレーナー 北野恵理
RYT200トレーナー 北野恵理
解剖学的に人が本来持っている運動機能を引き出すためのヨガクラス、ワークショップ、解剖学講座を関西で開催中。

ヨガを始められた皆様が笑顔溢れる日々を過ごせられるよう、それが「人生のための1時間」になるようなクラス作りを心掛けている。

大手ホットヨガスタジオ在籍中に経験とスキルを積み、その後独立を決意。2017年は人脈と経験値を広げたいとセブ島へ飛ぶ。 フリーヨガインストラクターの今、ヨガスタジオ、パーソナルクラス、サップヨガ、解剖学講師、イベント講師、オンラインレッスンなど幅広い形でヨガを広め中。

《資格》
・全米ヨガアライアンスRYT200(中島正明先生)
・日本サップヨガ協会認定講師
・日本ママヨガ協会 マタニティーヨガ認定講師
・筋調整ヨガTT終了
・シータヒーリング基礎DNA終了
・からだリセット開脚養成講座終了


《実績》
・クラス数 約2500本以上
・のべ約3万人の方へヨガクラスを提供
・ヨガウェア ブランド 『SPOUT』アンバサダー
・神戸みなと温泉蓮 TVCM(関西テレビ)出演中
・グランフロント大阪 アウトドアフェスタ2017 SUPヨガクラス担当
・東急ハンズ(三宮店)2018ヨガイベント講師
・読売TV ほんわかTV出演 (サップヨガ講師役として)
・YMCメディカルスクール 解剖学WS講師
・某温泉施設の岩盤ヨガスクリーン講師を担当
・TSUTAYA✖️ヨガ イベント講師(2019年東京へ進出)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

合わせて読みたい