ホーム キャリアアップ インストラクターへの近道とは?仕事内容から勉強方法や就職活動...

インストラクターへの近道とは?仕事内容から勉強方法や就職活動までご紹介します

ヨガのインストラクターに興味はあるけど、何から始めたら良いか分からず、一歩を踏み出せていない人も多いかと思います。

ヨガをやったことはあるけど、体験レッスンを含めて数回程度、たまにYouTubeを見ながらやってみたことがあったりと、このような経験でも「インストラクターに挑戦できるのかな?」と疑問に思ったりしますよね。

ヨガのインストラクターは、自分に自信があって、スタイルが良く、人生を楽しんでいるイメージありますよね。憧れの職業の一つです。

仕事内容や、どんな就職活動をすれば良いのかが分かれば、自分がヨガのインストラクターになるイメージがもっと持てるかもしれません。

簡単な職業ではありませんが、ポイントをおさえれば、インストラクターになれる近道はあります。ぜひ参考にしてみてください。

インストラクターはどんな仕事?

インストラクターの仕事は様々ありますが、大きく分けると2つの働き方があります。

・フリーランスのヨガインストラクターになる
・ヨガスタジオに就職する

色々求人を探してみても、ホットヨガスタジオの求人が多かったり、フリーランスにはどうしたらなれるのか分からなかったりしますよね。自分には何が合っているのでしょうか。

フリーランスのヨガインストラクターのお仕事とは?

フリーランスのインストラクターは、主に2種類の場所でレッスンをしています。

・契約したスポーツジムやヨガスタジオ
・自分で借りたレンタルスタジオ

経験が浅いと、ヨガを覚えたり、自分で契約するスタジオを探したり、お客様を集めたりと、かなりの労力を使うことになります。

さらに、自分でレッスン内容を決めて、何も見ずにレッスンができるようにトレーニングをし、できれば友達や知人に付き合ってもらって、ロールプレイングの練習した方が上達します。

これらを初めから自分で全てをやるのは、難しいと感じる方も多いかもしれません。そんな方にオススメなのが、ヨガスタジオを運営している会社に就職する方法です。最初のステップとしては踏み出しやすいかと思います。

ヨガスタジオに就職するとは?

ヨガの会社に就職するとは、どういうことなのかご紹介します。

ヨガの会社の求人情報を見ると、「未経験者歓迎!」「身体が固い人でも大丈夫!」と、気軽に応募してほしい内容が記載されている事が多いですよね。

本当に未経験者でも、身体が固くても大丈夫なのでしょうか。気になると思います。

実際に未経験、身体が固い人でも採用されて、インストラクターとして活躍している人はいます。

では、なぜヨガスタジオを運営している会社に就職すると、未経験者でも大丈夫かというと、その会社独自の研修プログラムがあるからなんです。

専属のトレーナーがいて、一から教えてくれますし、自分以外の同期と一緒に練習やロールプレイングもできるので、自分で練習仲間を探す必要がありません。

資格がなくても入社することができます。

実際の仕事内容はというと、スタジオや店内の清掃、受付、レッスンと、店舗運営に関わる全ての業務をインストラクターが行う会社が多くあります。

「レッスン以外の仕事もある?」と、意外に思われた方もいるかもしれません。これは会社によって違いますが、レッスンのみだとフリーランスのヨガインストラクターとして契約する場合が多いです。

そのため、レッスンをした契約金が支払われるので、フリーランスのヨガインストラクターで生活をしていこうとすると、一日に何か所もスタジオに行って、レッスンをする必要があります。

ヨガのインストラクターとして経験を積みながら、店舗運営も学びたい場合は、レッスン以外の仕事もできる会社を探すと良いかと思います。

レッスンだけをやりたかったら、フリーランスの方が良いですし、同時にスタジオ運営も学びたい場合は、会社に就職する方法が合っていると思います。

ちなみに、活躍されているフリーランスのインストラクターだと、一日に5~8箇所のスタジオを回って、一日中レッスンしている方もいます。

フリーランス、就職、どちらでも体力勝負のお仕事です。

でも、安心してください!体力は何歳からでもつけられる研究結果がでています!今から少しずつヨガを始めて、体力をつけていきましょう。

なんとなく、イメージがついてきたでしょうか?

どんな就職活動をしたらいいの?

ここからは、実際にどんな準備をして、どんな就職活動をしたら良いのかをご紹介します。

先ずは、自分が知っているヨガスタジオの体験レッスンを受けに行ってみましょう。

スタジオごとに、雰囲気や働いている人を見て、自分はどんなスタジオで働きたいかをイメージしてみると良いと思います。

実際に、気に入ったスタジオがあれば、スタッフの人に「インストラクターの求人募集をしていますか?」と聞いてみるのが一番の近道です。

「直接声をかけるのはちょっと…」と思う方もいるかもしれませんが、現場で働いているスタッフは一緒に働く仲間を探している場合が多くあります。(求人を掲載していても、中々人が集まらない場合があるからです。)

直接スタッフに聞いてみると、求人情報では知ることができない詳しい内容も教えてくれることがあるので、この方法が一番オススメです。

また、そのスタジオが、フリーランスのヨガインストラクターと契約しているのか、就職して一から教えてくれる会社なのかも確認してみましょう。

やっぱり、実際に働き始めてから、「イメージと違った」というのが、一番もったいないですからね。

どんな勉強をすると、ヨガインストラクターになれる?

会社に就職して、研修してくれる場合は資格がなくても大丈夫です。フリーランスで働く場合、資格は必要になります。

知っている方がほとんどですが、有名な資格は「全米ヨガアライアンス」(RYT200)です。これがあれば、どこにいてもヨガのレッスンをすることができます。

ただし、実際に「未経験でもOK!」という求人の場合でも、まったくヨガの知識がないと、研修についていくのはやっぱり大変です。なので、勉強としてRYTを取得しておくのは、会社に就職する場合でも有利にはなります。

このRYT200はその名の通り、200時間勉強をして取得する資格です。今だと、オンライン講座もあります。

現在、外出自粛やリモートワークが多くなっているので、自分のために勉強をするのには最適な時期ですね。

また、同じ研修を受けている仲間とLINEのテレビ電話を繋いだりして、一緒にトレーニングすることもできますよね。

その他、勉強をしておいたほうが良い事は、食事管理法です。

ヨガのインストラクターって、食事管理の知識を持っているイメージありますよね。実際は、何でも食べている人もいますし、ビーガンや自然派の人もいてそれぞれです。

お客様の中には、インストラクターに食事に関しての質問をする人も多いので、資格までは必要になりませんが、本やインターネットで情報を収集して、知識として持っていた方が良いと思います。

今年、インストラクターへの一歩を踏み出してみませんか?

いかがでしたか?
ヨガのインストラクターになるイメージが少しついたでしょうか。

近くのヨガスタジオに先ず行ってみることは、すぐにできそうですよね。そして、自分のイメージに合っているスタジオを探してみましょう。

自分らしいレッスンができるようになるまでは、いろんなインストラクターのレッスンを受けてみて、自分に取り入れたい要素をどんどん吸収すると、ぐんとスキルがアップしていきます。今のうちに、たくさんのレッスンを受けてみましょう。

そこから、いよいよヨガインストラクターになろう!と思ったら、求人情報を調べてみたり、自分に合いそうなスタジオのスタッフに求人募集があるか聞いてみたりするといいですね。

できることから、一歩を踏み出してみてください!

YogaStory代表 横幕 真理
YogaStory代表 横幕 真理
・株式会社MAJOLI代表取締役
・一般社団法人国際ヨガアカデミー協会 代表理事
・ヨガ資格RYT200養成講座スクール運営

インドでヨガに出逢い、人生が大きく変わる経験をする。インド、オーストラリア、バリ島の3ヶ国でヨガ留学を経験し、ヨガを深めていく。その経験から、「ヨガで世界をハッピーに」というヴィジョンの元、株式会社MAJOLIを立ち上げる。

英語と日本語のバイリンガルで、多国籍のヨガ初心者へ指導の指導や、ヨガ留学、バイリンガルヨガインストラクターの育成など、ヨガを通じて、人生を変えたい人のきっかけづくりを支援。

今後は、日本を中心にヨガインストラクターの養成、セブ島初のヨガ留学の主催、バイリンガルヨガインストラクターの育成など、ヨガで世界をハッピーにしていく活動を展開していく。

《資格》
・RYT500
・E-RYT200
・YACEP
・インド政府公認ヨガインストラクター
・アーユルヴェーダマイスター
・Nirvanaインストラクター
・BIOスチームセラピスト
・ラジヨガ体操講師
・腸セラピー
・アロマテラピー
・ヨガ数秘学

《実績》
・クラス数 約1000本以上
・多国籍のヨガ初心者に英語と日本語でのクラス
・アライアンス認定校設立
・RYT200養成講座講師
・海外スポーツジム勤務経験 ・セブ島最大ヨガイベント出演(100人以上) ・ヨガイベント主催(海外、日本)
・女優水崎綾女さんやフリーアナウンサー花崎阿弓さん、モデルさんへの指導経験
・セブヨガ留学主催
・バイリンガルヨガインストラクター養成

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

合わせて読みたい

人気記事ランキング