ホーム キャリアアップ ヨガインストラクターには「どんなキャリアプランがあるのか」ご...

ヨガインストラクターには「どんなキャリアプランがあるのか」ご紹介します

ヨガインストラクターは、イキイキ、キラキラしているイメージがありますよね。最近は特に、ヨガインストラクターを目指している方が多くなりました。

「身体を使う仕事がしたい」「自分のボディーメイクをしながら、同時に仕事ができるのは最高!」「憧れのあの人のようになりたい」ときっかけは様々あるかと思います。

「ヨガインストラクターになりたい」と思ってから、色々情報収集をしていても、「長く続けられる仕事なのか」「どんなキャリアプランがあるのか」ということは、ネット上では探しにくいのが現状です。初めての挑戦には不安なこともありますよね。

今回は、ヨガインストラクターには「どんなキャリアプランがあるのか」についてご紹介します。

実際に働いてみないと分からない、意外なプランもあります。ぜひ自分にピッタリ合うプランを見つけてみてください。

ヨガインストラクターになるには?

ヨガインストラクターになるには、働き方が大きく分けて2種類あります。

・フリーランスのヨガインストラクターになる
・スタジオを運営する会社に就職をして、ヨガインストラクターになる

一つずつご紹介していきます。

フリーランスのヨガインストラクターになる

未経験からフリーランスのヨガインストラクターとして生計を立てていくのは、時間がかかります。レッスンを開講しても、お客様を集めるのに時間がかかるからです。

自分のSNSにフォロワーが多くいて、そのフォロワーが実際のレッスンに参加してくれる確約があれば良いのですが、経験が浅いと集客に苦戦する場合がほとんどです。

実際にレッスンをしたい場合は、自分でスタジオを借りて、自分で集客をし、当日レッスンを行うという流れになります。

オススメは、副業としてフリーランスのヨガインストラクターを始めることです。

副業としてコツコツと活動をスタートし、集客が安定して確保できるようになったら、メインの仕事にするのが賢いやり方だと思います。

なお、ヨガインストラクターとして生計を立てる必要はなく、知り合いや友人にレッスンをしたい場合は、フリーランスでも十分に活躍できます。

スタジオを運営する会社に就職をして、ヨガインストラクターになる

大手のヨガスタジオだと、経験の有無に関わらず、インストラクターになることができます。会社独自の研修プログラムがあり、その研修を終了するとインストラクターとしてデビューすることが可能です。

集客数に関係なく、会社と契約した給与が支給されるので、この点はフリーランスとは大きく違う点です。

資格がなくても入社することが可能ですが、実際に研修を受けるにあたって、資格取得のために勉強をした経験は、研修中にもかなり役立ちます。

研修の最後には、レッスンデビューに向けた試験がありますので、就職する前に勉強や実践トレーニングをしておくことをオススメします。

どんなキャリアプランがあるの?

インストラクターとして、自分がレッスンをしているイメージはできるかと思いますが、インストラクターとして活躍した後、どんなキャリアプランがあるのか気になりますよね。

フリーランスのインストラクターの場合と、会社に就職した後のキャリア、どちらもご紹介していきます。

自分に合ったプランを想像してみてください。

フリーランスのキャリアは?

フリーランスのヨガインストラクターとして活躍されている方、SNSでよく見かけるようになりました。

集客が取れて、さらに知名度が上がると、ヨガフェスタでレッスンをすることができたり、雑誌に掲載されたり、インストラクター養成講座を開講したりと、活躍の場は無限です。

また、地域と提携をして、学校や福祉施設で出張ヨガレッスンを行うこともできます。年齢を重ねても続けられるのが魅力です。

会社に就職した場合のキャリアは?

会社に就職した場合のキャリアは、大きく分けて3つのプランがあります。

■ 店長やスーパーバイザーへ昇格

インストラクターとして入社後、店長を経験し、複数の店舗を管轄するマネージャーとしてのキャリアアップがあります。

インストラクターの年齢が20代~30代なので、早い人だと入社して1年程度で店長に昇格する人もいます。

インストラクターのスキルを磨きながら、同時に店舗のマネージメントを勉強することができます。将来独立を考えている人にはオススメのキャリアです。

さらに、店長として経験した後は、複数の店舗をマネージメントする立場へ昇格していきます。(呼び名は会社によって様々ですが、スーパーバイザーやエリア店長というのがメジャーです。)

将来ヨガインストラクター以外の仕事を選んだ際にも、転職活動に有利になります。複数のスタッフをマネージメントしていた経験は貴重です。

■ トレーナーへ昇格

インストラクター業を深めたい方は、トレーナーとしてキャリアアップする道もあります。

トレーナーになると、新しいレッスン開発や新人の育成、現インストラクターの育成など、教えるという立場になるので、自分の知識やスキルをさらに向上することができます。

また、社外から有名な先生を迎えてワークショップを開催することもあるので、個人では中々会うことができない先生に会って勉強することも可能です。

■ 本社勤務

インストラクターとして店舗運営に携わっていくうちに、本社の仕事に興味を持つ方も
います。

ヨガの会社では、インストラクター出身で本社に勤務されている方もいるので、人事、育成、採用、広報、マーケティングなど、多方面で活躍されています。               

かなり複数の選択肢があり、ヨガインストラクターからは想像がつかない意外なキャリアプランもありますよね。

自分のキャリアはどちらが理想でしょうか?

先ずは会社に就職をして経験を磨いてから、フリーランスとして独立する道もあります。

今の時代だと、オンラインレッスンも増えてきているので、ますますインストラクターとしての活躍の場は増えてきています。

いよいよヨガインストラクターとして挑戦するには?!

ヨガインストラクターになるには、資格や経験が必要だと思いますよね。

実際にフリーランスで仕事を探すと、資格保持者や経験者が契約の条件であることが多々あります。またお客様自身も、インストラクターに資格があるのかを気にされる方も多いのが現状です。

ヨガの資格といえば、みなさんご存知の「全米ヨガアライアンス」(RYT200)ですね。この資格を持っていると、世界中どこにいてもヨガのレッスンを行うことができます。

ヨガインストラクターとして活躍されているほとんどの方が、この資格を持っています。

ですが、資格がなくてもヨガのインストラクターとして仕事をしている方はいます。資格がなくてもインストラクターとして仕事ができるなんて意外ですよね。

それは、大手のホットヨガスタジオです。有名なのはLAVAや、最近店舗数を増やしているloIveが初心者でも挑戦できます。

それなら、資格が必要ない会社に就職して「ヨガインストラクターになろう」と思いがちですが、実際には資格があった方が、研修内容を深く理解することができたり、早くキャリアアップすることができたりします。

数年前にヨガの資格を取ろうと思うと、実際に学校へ通ったり、海外へ行ってトレーニングをするのが主流でしたが、今はオンライで資格取得することが可能です。

自分らしいヨガインストラクターとしてのキャリアを!

ヨガインストラクターとして、「どんなキャリアプランがあるのか」についてご紹介しました。

フリーランスで活躍するイメージ、一度会社に就職して経験を積むイメージ、どちらの方が実現しやすいでしょうか?

ゴールを決めたら、あとはリラックスして、ヨガインストラクターとしての自分らしいビジョンを描いてみてくださいね。

YogaStory代表 横幕 真理
YogaStory代表 横幕 真理
・株式会社MAJOLI代表取締役
・一般社団法人国際ヨガアカデミー協会 代表理事
・ヨガ資格RYT200養成講座スクール運営

インドでヨガに出逢い、人生が大きく変わる経験をする。インド、オーストラリア、バリ島の3ヶ国でヨガ留学を経験し、ヨガを深めていく。その経験から、「ヨガで世界をハッピーに」というヴィジョンの元、株式会社MAJOLIを立ち上げる。

英語と日本語のバイリンガルで、多国籍のヨガ初心者へ指導の指導や、ヨガ留学、バイリンガルヨガインストラクターの育成など、ヨガを通じて、人生を変えたい人のきっかけづくりを支援。

今後は、日本を中心にヨガインストラクターの養成、セブ島初のヨガ留学の主催、バイリンガルヨガインストラクターの育成など、ヨガで世界をハッピーにしていく活動を展開していく。

《資格》
・RYT500
・E-RYT200
・YACEP
・インド政府公認ヨガインストラクター
・アーユルヴェーダマイスター
・Nirvanaインストラクター
・BIOスチームセラピスト
・ラジヨガ体操講師
・腸セラピー
・アロマテラピー
・ヨガ数秘学

《実績》
・クラス数 約1000本以上
・多国籍のヨガ初心者に英語と日本語でのクラス
・アライアンス認定校設立
・RYT200養成講座講師
・海外スポーツジム勤務経験 ・セブ島最大ヨガイベント出演(100人以上) ・ヨガイベント主催(海外、日本)
・女優水崎綾女さんやフリーアナウンサー花崎阿弓さん、モデルさんへの指導経験
・セブヨガ留学主催
・バイリンガルヨガインストラクター養成

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

合わせて読みたい

人気記事ランキング